じっくり味わいたい著名人の「引き際の言葉」 福田赳夫元首相から巨人の原辰徳元監督まで

印刷
A
A
著名人50の名言に学ぶ 4/5(画像:新聞各紙の記事、『読売巨人軍75年史』『私の履歴書』『アントニオ猪木自伝』などから編集部作成/週刊朝日2018年9月21日号より)
著名人50の名言に学ぶ 5/5(画像:新聞各紙の記事、『読売巨人軍75年史』『私の履歴書』『アントニオ猪木自伝』などから編集部作成/週刊朝日2018年9月21日号より)

ジャーナリストで評論家の徳富蘇峰が『近世日本国民史』を書き始めたのは、50代半ば。89歳で完成させた。100巻もあり、個人編著の歴史書として世界屈指の規模。最近では105歳で亡くなった日野原重明・聖路加国際病院名誉院長。100歳の頃から俳句や乗馬、フェイスブックを始め、104歳で句集を出した。

懸命に打ち込んだ思いが自分らしい言葉を紡ぐ

志を遂げた人の言葉からは、静かな自負がうかがえる。元ソニー社長の井深大は「私からソニーを引き去ったら何も残らない」、元任天堂社長の山内溥は「成功者がごくわずかなゲームビジネスの中で、自分の力以上のことができた」。

何事も懸命に打ち込めば、その思いから自分らしい言葉が紡ぎ出される。今の組織や立場を去るとき、どんな言葉を残せるだろうか。

(文:横山渉)

※週刊朝日  2018年9月21日号より抜粋

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT