じっくり味わいたい著名人の「引き際の言葉」

福田赳夫元首相から巨人の原辰徳元監督まで

磨き抜かれた真実の言葉こそが、聞く人の心に響く(撮影:尾形文繁)

歌手やスポーツ選手などが引退する“引き際”には数々の名言が生まれてきた。私たちがそこから学ぶこととは? 誰にでも訪れる離職や異動、退職などに備えて、どう気持ちを整理し、思いを伝えるか専門家の解説とともに見ていこう。

あいさつに慣れた人は、多くの“引き出し”をつくる工夫をしている。

『偉人の命日366名言集』など、言葉に関する著書が多い多摩大学の久恒啓一副学長。スピーチ当日が命日か誕生日の偉人や著名人を見つけ、名言やその人にまつわる話をしている。

辞めるときに残す言葉で、その人の印象は後々まで違う

「心に響く話をするには、磨き抜かれた真実の言葉じゃないとダメ。名言、格言、箴言、金言など人々に長く影響を与えたものがそれに値します。辞めるときに残す言葉で、その人の印象は後々まで違う。あの人の言葉は良かったなと印象づけると大切に思われますが、そつのない平面的なあいさつでは、惜しまれない人になってしまいます」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

スピーチ当日にまつわる人の話題に触れるようになったのは、学部長に就任してあいさつの場が増えてから。入学式、卒業式、保護者会、学生のオリエンテーション……。こうした場で魅力的なスピーチをする人が少なかったため、自分はインパクトのあるスピーチをしようと心がけたという。

「聞き手の年齢層も考えます。例えば、付属高校の行事のあいさつならば、本田がこう言っているとかサッカー選手の話を入れると、真剣に聞いてくれます」

久恒さんが、よい言葉の代表例として紹介するのが、井伏鱒二(敬称略、以下同じ)の言葉だ。

「井伏は、『この杯を受けてくれ。どうぞなみなみ注がしておくれ。花に嵐のたとえもあるぞ。さよならだけが人生だ』という言葉を残しました。漢詩の翻訳ですが、オリジナルよりもいいと言われています」

名言の多い政治家としては福田赳夫元首相をあげる。

「1972年の自民党総裁選で田中角栄に負けたとき『総理・総裁は推されてなるもので、手練手管の限りを尽くしてかき分けてなるものではない。いずれ近い将来、日本国がこの福田赳夫を必要とするときが必ずやってくる』と言いました。敗戦の弁として潔さと自負心が感じられます」

スピーチの日はまちまちだから、365日分のネタを用意しているという。毎日、誰かしら著名人の命日か誕生日がある。○月×日が誰に関係ある日かを気をつけており、毎日書くブログで、その日が命日や誕生日の人の人生を弔辞のように記している。

次ページその地の人物の記念館からうかがえる人物像
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング