プライドが人一倍高い人のサバイバル術

「負けるのが嫌い」な人はどう生きていけばいいのか

そこで、前々回と同じ結論を違った言葉で語るしかないのですが、私は世の中の「もののわかった」相談者とは違うので、まず、「プライド」は捨てられないという大前提で進んでいきます。こうした相談を向けられると、大方の相談者は「そんなプライド、捨てたらどう?」とか、「本当に自分のしたいことを見つけたら?」という方向に傾斜して回答するのですが、それは相談者の期待にまったく答えていない。相談者が相談したいのは、「そんなことはみんなわかっている、だが捨てられないのだ」という悩みなのですから。

「プライドを捨てろ」などとは軽く言えない

あるいは、なぜか「自分はあまりプライドもないし、あまり虚栄心もない」という「達観した」性格を装う回答者が少なくなく、すぐに「プライドなど、くだらないということがすぐわかるはずだ」と続きます。しかし、このほとんどはウソであり(ウソとわかって回答しているのであり)、したがって、相談者には通じません。「たとえくだらないとわかったとしても、やめられない」ことが悩みなのですから。

前置きが長くなりましたが、私はまさに「プライドが人一倍高く」「自分のプライドを維持させるために」生きてきたと言って過言ではありません。だから、相談者を鼻先でフンと笑う気が起こらないのです。特に、相談者が終わり近くで「こんな自分で両親に申し訳ないです」と、ちらりと吐露したことが気になります。

私はとにかく「優れていなければならない、他人に評価されねばならない」という強迫観念のようなものに駆り立てられて、少年時代、青年時代を過ごしてきました。親がそういうことを日々刻々、私に強要したからで、もし成績が悪かったら、東大に受からなかったら、弁護士とか大学教授という他人から評価される職業に就けなかったら、まず「親に」軽蔑されて生きていけないだろうと思っていました。

親があからさまに頭からそう私に要求したわけではありません。むしろ反対で、青い顔をして勉強している私に向かって、「どの大学でもいいじゃないか(の)」とか「大学教授にならなくたっていいじゃないか(の)」と語っても、その背後の「信号」を私はそう受信していましたし、親もとうの昔に死んだ今、振り返っても、このすべてはまんざら間違っていなかったと思っています。

次ページ親をがっかりさせないことを考えるな!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。