関東進出!食べ放題焼肉「ワンカルビ」の正体

関西・九州の名物チェーン、強さの秘密とは?

新青梅街道に面した花小金井店(写真:商業界ONLINE)
関西・九州地区で店舗展開をしている焼肉食べ放題の「ワンカルビ」が4月に関東1号店を東京・花小金井にオープンした。同店は株式会社ワン・ダイニング(大阪・西区、社長/高橋淳)の主力業態で、これまで関西66店舗、九州10店舗(2018年7月1日現在、以下同)と展開。標準店舗は110坪、31テーブル、180席で、これを社員2~3人、アルバイト登録50人で運営している。
同社のミッションは「幸せな団らんを、社会に。」。ワンカルビの他に豚肉、鶏肉の食べ放題を展開し総店舗数は117店舗、2018年3月期の売上高は257億5805万円(前期比109.9%)。社員の平均年齢は28歳となっている。
精肉の小売業(ダイリキ株式会社)を発祥とする同社。外食事業である焼肉店の1号店は1993年3月オープンの「炙屋曽根崎店」で、現在の業態は2006年6月からスタート。2008年10月に会社を分割し、2016年11月より株式会社1&Dホールディングスのもとで小売業のダイリキ株式会社とグループ経営をしている。

年齢別の価格設定、シルバー世代の料金は3段階

営業の特徴は、営業時間は17時からでそれ以外の営業をしていない。店舗テーマは「ひとつ上の焼肉食べ放題 2時間の幸せを」で、2時間制で95品3580円(税込、3866円/以下同)と48品3080円(3326円)の2つのコースがあるが、年齢別に価格設定がなされている。

当記事は「商業界ONLINE」にて公開した記事の転載です。元記事はこちら

48品のコースでは、3歳以下無料、4~6歳430円(464円)、小学生1540円(1663円)と低年齢の価格を低くするのは他チェーンでも見られるが、50歳代2770円(2991円)、60歳代2460円(2656円)、70歳代以上2150円(2322円)と、シルバー世代の料金を3段階で低くしている点が特徴で、70歳代以上は一般の30%オフに相当。シルバー世代にとって入店しやすい料金設定であるとともに、子供夫婦、孫と三世代で利用する光景が容易に想定される。

シルバー世代の年代別に価格を変えている(写真:商業界ONLINE)
次ページ焼肉食べ放題の提供方法
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。