堀江貴文「ラーメンは情報ビジネスの世界だ」

日本の飲食業界は「独自の進化」を遂げている

ラーメン業界に対し、ビジネスコンサルという切り口で鋭く切り込む(写真:ささざわ/PIXTA)

日本の飲食業界は世界でも最先端の進化を遂げている。四季がはっきりしており、国中を海で囲まれ野菜から肉、魚まで豊富にとれることから、この国の支配層は昔からグルメであった。また首都が京都という内陸部だったために保存食の技術も進化したこともあり、料理技術から器や箸といった食器にまでアートが古くから進出していた。トップ層がグルメであると庶民まで経済発展の過程でグルメになるのである。その最右翼とも言える日本の国民食がラーメンであることは、万人の認めるところだろう。

当記事は、マンガ新聞の提供記事です

もともとは中華蕎麦と言われるように中国から伝わったものであるが、日本独自の調味料や出汁の取り方とフュージョンしてしまい、本家とは似ても似つかぬ存在となってしまっているのもご存知のとおり。また、つけ麺やら二郎系といったガラパゴス的な進化を遂げていてまさに百花繚乱。そんなラーメン業界に対し、ビジネスコンサルという切り口で鋭く切り込んでいった漫画がこの『ラーメン発見伝』だ。

「一蘭」がうまくいった理由

昔私が「寿司屋に長い修行は必要ない。独学ですら人気のおいしい寿司屋は作れる」と言って炎上したが、ラーメンビジネスも同様だ。たとえば人気の博多ラーメンチェーンである「一蘭」は創業者がラーメン店で修行せずに日本全国の和食店を食べ歩いて味を作ったというのは有名な話である(あの暖簾に書いてあるので常連は暗記している)。

本作には数々の名台詞があるが、その中でもピカイチなのがタイトルにもある「奴らはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ!」である。これを地でいくのが「一蘭」のやり方だ。

次ページ「個食システム」の存在意義
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT