死んでいる会社の「勘違い経営者」、4大共通NG

「御社のトップ」は大丈夫…?

「死んでいる会社」は「羅針盤」が機能せず、社員たちは迷走してしまう(写真:wildpixel / iStock)  
経営において本質的に大事なことは、たった1つ。それは、会社が「生きている」ことである。
『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「30年間の結論」として、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、本質において「生きている」か「死んでいる」が重要だという。
30年の集大成として『生きている会社、死んでいる会社――「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則』を上梓した遠藤氏に、「死んでいる会社」の経営陣に共通する「4大NGの共通点」について解説してもらう。

経営陣はリーダーとしての「仕事」をするべき

30年の長きにわたって、経営コンサルタントという仕事をやってきた。100社以上の会社と濃密なお付き合いをし、ここ10年近くは複数の会社の社外取締役、社外監査役としても経営に関与してきた。

その経験を通して確信して言えることが1つある。それは「会社は生きていなければならない」ということだ。

「生きている会社」と「死んでいる会社」を分ける差はいくつかあるが、「死んでいる会社」の経営者はリーダーとしてなすべき仕事を正しく認識していない

「生きている会社」の経営者は、会社の目的である「価値創造」を絶え間なく続けるために自分に求められている仕事を正しく認識し、実行しているが、「死んでいる会社」の「勘違い経営者」は正しい仕事の認識ができていないので、「価値創造」を続けていくことができないのである。

会社のリーダーである経営者が全身全霊を懸けて取り組まなければ、「生きている会社」にはなりえない。経営者が社員全員を「主役」にするような組織をつくるためのリーダーシップをイキイキと実行していれば、会社はイキイキする。しかし、経営者が死んでいれば「死んでいる会社」になってしまう。

では、「死んでいる会社」の経営者によく見られる「4大NG」とは、いったい何なのか。早速、紹介していきたい。

次ページ経営者なら「旗」を立てろ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT