「死んでいる会社」の根本的欠陥は、この3つだ

御社は「生きている」「死んでいる」どちら?

「死んでいる会社」に決定的に足りないものは何か(写真:kieferpix / iStock)
経営において本質的に大事なことは、たったひとつ。それは、会社が「生きている」ことである。
『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「30年間の結論」として、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、本質において「生きている」か「死んでいる」かが重要だという。
30年の集大成として『生きている会社、死んでいる会社――「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則』を上梓した遠藤氏に、「死んでいる会社」に共通する「3つの根本的欠陥」について解説してもらう。

「死んでいる会社」が見落とす3つの条件

30年の長きにわたって、経営コンサルタントという仕事をやってきた。100社以上の会社と濃密なお付き合いをし、ここ10年近くは複数の会社の社外取締役、社外監査役としても経営に関与してきた。その経験を通して確信して言えることがひとつある。それは「会社は生きていなければならない」ということだ。

『生きている会社、死んでいる会社 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

挑戦しつづけ、実践にこだわり、創造に燃え、適切な「代謝」を行っている会社を「生きている会社」と私は呼んでいる。「挑戦→実践→創造→代謝」の“いい循環”が回っているのが「生きている会社」の特徴だ。

反対に、見た目の「数字」や「業績」がよくても、内情は守りに終始し、管理に走り、停滞に沈んでいる「管理→抑制→停滞→閉塞」の“悪い循環”に陥っている会社を「死んでいる会社」と私は呼んでいる。

「生きている会社」と「死んでいる会社」を分ける違いはいくつかあるが、詰まるところ「3つの決定的な違い」が存在する。

「『挑戦』より『管理』が優先される」などの社内病の有無、あるいは「事業や業務、組織、人の新陳代謝」に乏しいといった、「死んでいる企業」によく見られる光景も、突き詰めると「3つの決定的な違い」がその本質にある。

では、「生きている会社」と「死んでいる会社」にある、その「3つの決定的な違い」とは、いったい何なのか。それを明らかにするには、経営をMBA的に細分化して考えようとするのではなく、「シンプルだが本質的な3つの要素」で俯瞰的に捉え直すことが必要である。その3つが何なのかを、早速紹介したい。

次ページ1つ目の「根本的欠陥」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT