「死んでいる会社」の根本的欠陥は、この3つだ

御社は「生きている」「死んでいる」どちら?

「死んでいる会社」に足りない2つ目は、「理」である。「生きている会社」ほど「徹底した理詰め」ができているが、「死んでいる会社」は「目先の小さな合理性」しか見ていないことが多い。

「戦略」+「実行」レベルの「理」があるか?

【2】表面的な「理屈合わせ」に終始している

経済活動を営む会社は「合理的な存在」でなくてはならない。創造という目的を果たすには、時に冷徹、冷淡なほど「理詰め」でなくてはならない。

経営における「理」は、「戦略レベル」「実行レベル」の2つの側面で捉える必要がある。

「戦略レベルの理」がない

会社は「何を営むべきか」という、大きな事業の方向性を定める段階の「理詰め」が「戦略レベルの理」である。他社競合が実現できない独自性の高い「差別化」を明確にし、一般解ではなく、自社に適した最も合理的な戦略を策定することが求められる。

しかし、「死んでいる会社」では、「理詰め」が徹底されていない。表面的な理屈合わせばかりに終始し、真の合理性が担保されていない。一般的なデータや二次情報、三次情報だけに頼り、理屈だけをこねくり回そうとしている。

「実行レベルの理」がない

いくら合理的な戦略シナリオを立案しても、その実行が合理的に行われなければ成果には結び付かない。

実行するために必要な組織能力(ケイパビリティ)を構築し、合理的かつ科学的な実行を心掛けなければならない。

環境変化が目まぐるしい現代においては、「実行レベルの理」の重要性がますます高まっている。合理的に実行できる会社が勝つのである。

次ページ最後の「3つ目」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。