「死んでいる会社」の根本的欠陥は、この3つだ

御社は「生きている」「死んでいる」どちら?

まず、「死んでいる会社」に決定的に足りないのは「熱」である。「熱」とは、ほとばしる情熱、ケタ違いの熱気、並外れた熱意のことである。「熱」などというと「また根性論か……」と眉をひそめる人もいるかもしれない。しかし、熱を帯びなければ、挑戦などできはしない。

「生きている会社」の価値は「熱量」の大きさで決まる

【1】会社全体に「情熱」が足りない

何かを創造しようと思えば、挑戦しなくてはならない。挑戦するためには、勇気が必要である。勇気を奮うためには「熱」が不可欠である。

「熱」がなければ、困難は乗り越えられないし、困難を乗り越えなければ、創造は実現できない。つまり、会社全体が「熱」を帯び、高い「体温」を保っていなければ、創造はできないのである。

経営トップに「熱」を感じない

しかし、「死んでいる会社」に限って、この「熱が消失している」ケースが多い。経営トップも目の前の数字ばかりを気にしている。

どんなに立派なビジョンを掲げようが、どんなに精緻な経営計画を策定しようが、どんなに組織や制度をいじろうが、経営トップが「熱」を失ったままでは、結果を出すことなど不可能である。

「熱」を会社内に広げる「宣教師」がいない

一方、「生きている会社」ほど、経営トップが「熱の固まり」になっている。そして、会社全体が「熱」を帯び、高い「体温」を保っている。

「生きている会社」になろうと思えば、「火だるま」のような経営者がいることは不可欠だが、経営者ひとりだけが「熱源」でありつづけるのは困難である。「熱」を生み出す分身、すなわち理念の「宣教師」を育てる必要がある

しかし、「死んでいる会社」ほど、トップに「熱」が足りず、さらにそれを伝える「宣教師」もいないのである。

次ページ「2つ目」に足りないものは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。