期待の新人を辞めさせない、たった1つのコツ

新入社員は「認められる」ことに飢えている

新入社員の早期離職を防ぐには?(写真:msv / PIXTA)
4月になり、ビジネス街では新入社員の初々しい姿を多く見かけるようになった。だが一方で現在、入社後3年以内に辞める若者も多く、上司や人事担当者の頭を悩ませている。こうした「早期離職」はどうすれば防げるのか。
組織論を専門とし『承認欲求』の著者でもある太田肇氏に解説してもらった。

この時期、ピチピチとした生きのいい新入社員を職場に迎え、早く一人前に育ててやろうと意気込んでいる人も多いのではなかろうか。

ところが残念なことに、期待した人材がすぐに辞めてしまい周囲の人を落胆させるケースも少なくない。いきなり辞表を突き付けられ、面食らったという話もときどき耳にする。

入社後3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職するという「七五三」現象はよく知られているが、企業の採用増と少子化で超売り手市場のいまは、若者の早期離職にいっそう拍車がかかっている。

アンケートなどで離職の理由として上位にあがっているのは、「仕事が合わない」「成長できない」「労働条件がよくない」ことなどである。しかし、実際には「承認」の不足、すなわち周囲から認めてもらえなかったことが深くかかわっているケースが多い。

バブルのころ、日本を代表する大企業の人事担当者から、つぎのような話を聞いた。

入社間もない若手技術者がつぎつぎと辞めていった。おそらくライバル企業から高給で引き抜かれたのだろうと思われていた。ところがその後、離職者への追跡調査で辞めた理由を聞いてみると、大半の者が、上司や先輩が認めてくれなかったことを理由にあげたそうだ。好況で上司や先輩は仕事に忙殺され、新人を認めてやる余裕がなかったのである。

この事実は、上司や先輩が若手をしっかり認めてやれば、早期離職をある程度防止できることを意味する。

「承認」と「感謝」で離職ゼロも

実際、つぎのようなエピソードも存在する。

ある私立の幼稚園では、毎年2桁の教員が辞めていく異常事態に陥っていた。幼稚園の教員は20代前半くらいの若い女性が多い。それに対して園児の親は彼女たちより年長の人が多いうえ、なかには些細なことでクレームをつけたり、理不尽な要求を突きつけたりする「モンスター・ペアレンツ」と呼ばれるような親もいる。そのため強いストレスを感じたり、自信を失ったりして仕事が続けられなくなるのである。

次ページ徹底して承認と感謝を伝える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。