死んでいる会社の「勘違い経営者」、4大共通NG

「御社のトップ」は大丈夫…?

「死んでいる会社」の経営者によくある4大NGの3つ目は、「指揮者」として1つのハーモニーを生み出すことができないことである。

【3】社員の能力を引き出し、1つにまとめる「指揮者」になれない

経営者の3つ目の仕事は、会社の「指揮者」として社員たちの能力を最大限に引き出し、その力を1つに束ねて組織の力に変えることである。

 指揮者は、オーケストラという「共同体」のリーダーとして1つにまとめ上げ、音楽という感動を創造する。音楽家は「感動を創造する」のが仕事であり、経営者は「価値を創造する」のが仕事である。いずれも指揮者や経営者ひとりでは創造は実現できない。

「生きている会社」の経営者は、社員一人ひとりの個性、資質を見抜き、適材適所に配置し、1つの力にまとめ上げ、良質なハーモニーを奏でることができる。「指揮者」という仕事は、経営者にとって最大の醍醐味である。

「死んでいる会社」の経営者は「指揮者」としての力量に欠け、良質なハーモニーを生み出すことができない。どんなに優秀な社員がいても、バラバラのままでは1つの音楽にはなりえないのだ。

【4】「現場で汗をかく社員」を主役にする「演出家」になれない

「扇動者」「羅針盤」「指揮者」の3つの仕事はいずれも「表舞台」の仕事だが、経営者の4つ目の「演出家」という仕事は、「裏方」の仕事である

「生きている会社」の経営者は、社員たちを「舞台」の上に立たせ、社員たちを「主役」にしている。時にスポットライトを当て、演じやすい環境を整えている。名経営者と言われる人は、「名演出家」でもある。

しかし、「死んでいる会社」の経営者は、自ら舞台の真ん中に立ち、「主役」を演じることばかりに執着する。現場にスポットライトを当てることもせず、現場を覚醒させることも、社員たちの力を引き出すこともできない。しかし、「演出家」のいない舞台が輝くことなどありえない。

経営者だからこそ裏方の仕事を大事にする

経営者の4つの仕事の濃淡は、会社の成長ステージ、規模、競争環境などによって大きく変わってくる

『生きている会社、死んでいる会社』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

会社の草創期には「扇動者」「羅針盤」の仕事がとても大事であり、会社の基盤がある程度整ってくれば、「指揮者」として全体をとりまとめる仕事が重要になる。会社が安定期に入れば、「演出家」としての仕事が求められ、同時に、次なる成長に向けて「扇動者」「羅針盤」としての仕事も並行して進めなくてはならない。

皆さんの会社の経営者は、はたして「生きている」だろうか。「生きている経営者」が不在のままでは、「生きている会社」になれるはずもない。

権力ばかりを振りかざし、役員室に閉じこもり、現場にも行かず、社員たちとも交流しない「勘違い経営者」が闊歩する会社は、間違いなく死んでいく

まずは経営者自らが、本記事で紹介した4つの仕事をきちっとやり切る――。それこそが「生きている会社」へと変身するための第一歩である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。