「実家の手助けはタダ」というキケンな誤解

出産してみてわかる「勝手な思い込み」

(イラスト:『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より)

「30歳までにぜったい結婚したい! しないと!」と、念願の結婚を手にしたものの、わずか数年で離婚する結果となった水谷さるころさん。

『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1人で家事を抱え込みすぎた、などなど猛省をした後、その後の新しいパートナーと選んだのは「事実婚」という道でした。

お金や家事の分担についても都度、夫婦で話し合いをして乗り越えてきたさるころさん。でも、不妊治療のすえ、いざ出産してみると、赤ちゃんは最高にかわいいものの、想定外の事態の連続。そして夫婦関係も、何かがおかしい…?

はたして夫婦はどうなるのか? 新生活を赤裸々にレポートする近著『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より抜粋してご紹介します。

里帰り出産せず産後を乗り切るには

次ページ育児は夫婦2人の仕事!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。