「結婚のデメリット」を極限まで排除してみた

1度目の結婚で気づいた「数々の思い込み」

(イラスト:『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より)

「30歳までにぜったい結婚したい! しないと!」と、念願の結婚を手にしたものの、わずか数年で離婚する結果となった水谷さるころさん。

『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

いったい何が原因だったのか? 1人で家事を抱え込みすぎた、などなど猛省をした後、その後の新しいパートナーと選んだのは「事実婚」という道でした。

「家事は得意なほう、こだわりがあるほうが担当する」「共有財産は持たない」など、納得づくの新生活のはずが、やってみると違和感が出てくる場面も……。特に「子どもを持つ」と決めてからは、さらなる想定外の出来事に直面することになるのでした。

はたして夫婦はどうなるのか? 新生活を赤裸々にレポートする近著『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より抜粋してご紹介します。

同じ過ちはおかしたくない

次ページもう「誰か」が言ったことに振り回される結婚は嫌だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。