「お金はないよ」と言う夫と本気交渉してみた

不妊治療にかかった費用は全額、妻負担…?

(イラスト:『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より)

「30歳までにぜったい結婚したい! しないと!」と、念願の結婚を手にしたものの、わずか数年で離婚する結果となった水谷さるころさん。

『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

1人で家事を抱え込みすぎた、などなど猛省をした後、その後の新しいパートナーと選んだのは「事実婚」という道でした。

納得づくの新生活のはずが、やってみると違和感が出てくる場面も……。子どもを持つと決め、「お金ならなんとかなるよ」と言うパートナーの後押しで、不妊治療のすえに無事妊娠したものの、なんとパートナーには実はお金がなく、払う気もない?!

いったい夫婦はどうなるのか? 前回記事に続き、新生活を赤裸々にレポートする近著『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』より抜粋してご紹介します。

お金なら、ないよ

次ページ言ってる意味がわからない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。