ネット社会の怪異現象に潜む「21世紀の妖怪」

現代社会にも妖怪は生まれているか?

21世紀に入ってから、新しい妖怪が生まれたという噂は聞かれない。一方で、幽霊の目撃情報であれば、東日本大震災の被災地では少なくなかったようである。それでも幽霊がこれまでとは異なる、立ち居ふるまいをしたわけでもなさそうだ。親しかった人の夢枕や、街の辻に立つのは昔から変わることはない。

この時代に妖怪を見つけようとするとき、どこに行けば出会うことができるだろう。

21世紀をひと言でいうなら、インターネット情報の時代である。ソーシャルネットワークシステム(SNS)の隆盛、スマートフォンの普及は、ほんの10年以内の現象である。またAIをはじめとする新しいテクノロジーが、日常生活に浸透してきている。人間の暮らしのこうした変化のなかから、新しい妖怪は生まれてきてはいないか。

SNSやブログは、不特定多数に向けて、ある主体(個人の場合も、企業や公共団体を代表する場合もある)が自己の見解を主張する手段である。ツイッターの「つぶやき」という言葉が密やかに見えても、世界への自己のアピールにほかならない。そして、友人知人に向けたつもりのつぶやきであっても、あるきっかけから「炎上」することがある。

本人の意図とは別に、不謹慎だ、差別的だなどと騒がれ、見ず知らずの人々の前に個性をさらされる。炎上といっても、実際になにかが燃え上がるわけではない。しかし、火の粉を振り払おうとすればするほど、勢いを増す。しかも、一度炎上すると、インターネット上からその痕跡を消すのも難しい。焼け跡にはいつまでも、検索ワードとして残されるからである。目に見えない集合体による凶暴な感情が、形を持たない実体のように広まり、共有されていくのは、かつての妖怪の成り立ちと、とてもよく似ている。

怨霊の火が広がる、ネット社会の「エンジョウ」

インターネット上の「炎上」に類似した妖怪や怪異に、琵琶湖周辺に伝承される「蓑火(みのび) 」という怪火現象が思い浮かぶ。

旧暦5月の長雨が続く夜に、暗い湖を渡ろうとすると、舟の上の人が着た蓑に蛍火のような火の玉が現れる。蓑を脱ぎ捨てると消えるが、手で払いのけようとすれば、どんどんその数を増す。同様の怪火伝承は日本列島の各地にあり、信濃川流域では雨の日の夜道や船上で蓑、傘、衣服に、蛍のような火がまとわりつき、慌てて払うと火は勢いを増して体中を包み込むという。琵琶湖の蓑火は、この湖で死んだ人の怨霊の火だとも伝えられている。

SNSはすでに、私たちの生活になくてはならないものになっている

インターネット空間に生まれた「炎上」のほうは、民俗学用語でいえば「口碑」が「石碑」になるような事態だ。つぶやきがだれかを刺激し、まがまがしい感情が拡散されていく。ここまでは口頭伝承、口碑の域だろう。しかし、火中で暴れると事態は悪化するばかりで、ネット社会に刻印されるのだ。「エンジョウ」は怨霊の火がまとわりつくような怪異と類似しつつも、この時代ならではの民俗現象ではなかろうか。

次ページAIをめぐる「バグ」という名の怪異現象
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT