気象庁の言う温度より微妙に暑く感じるワケ

自分や子どもの身を守るには?

さて、下記の写真は気象庁のアメダスで使用されている気温の観測機器です。気温の観測と聞くと百葉箱をイメージするかもしれませんが、今は写真のような形をしています。

昔の「百葉箱」とはずいぶん違う(写真:気象庁ホームページ)

写真に写っている通風筒の上部に電動のファンがあり、筒の下からつねに外気を取り入れて、気温を計測しているのです。さらに、東京のアメダスは、北の丸公園の中にあります。緑に囲まれた公園の中で観測を行っているということです。

ここまで書くと、「なんだ、自分たちの置かれている環境とは全然違うじゃないか」と思いませんか? だって、街中を歩くときはアスファルトの上ですし、日なたを歩くことだってあります。風は吹いていないかもしれませんし、通気性のよい服を着ているとも限りません。

事実、7月23日の午後は、私自身は日なたのアスファルトの上を歩いていました。そう考えると、気象庁の観測値ほど精度はよくなかったとはいえ、案外体感温度に近い値が、私の持ち歩く温度計に表示されていたのかもしれません。

車内はたった15分で「危険」レベルに

さて、子どもの場合はさらに過酷な環境に置かれています。人間の大人よりも身長が低い分地面と近いため、アスファルトの照り返しをより強く受けることになるからです。大人の感覚で「まだ我慢できる」と思っていたとしても、子どもにとっては我慢できない暑さになっている可能性が高いです。しかも子どもは大人に上手に症状を伝えることができないので、気づいたら手遅れになることが多いのです。

暑さといえば、車の中も要注意です。ガラスの窓から車内に注ぎ込んだ日光が車内を温め、温まった空気がこもってしまうため、車内の気温は大幅に上昇します。要するに温室効果です。

JAF(日本自動車連盟)の行ったユーザーテストでは、晴れて気温が35℃の日に、エアコンで車内の室温を25℃にしたあと、エアコンを切ってからの車内温度の上昇具合を測定したところ、1時間で車内温度が50℃を超えるという結果が出ました。しかも、エアコン停止からたった15分で熱中症の「暑さ指数(後述)」が「危険」レベルに到達したのです。

次ページ「暑さ指数」の確認を
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT