「酒依存の父」を見放せない36歳息子の"叫び"

憧れだった父が"狂っていく"恐さとつらさ

「最初に医者にかかったのは、在職中だったと思うんです。父親はもともと電車の運転手で、55歳で早期退職しました。

50代に入ったときにはもうγ-GTPの値が高くて、『あなたはお酒を飲んでいるかぎり健康になれない』と言われていた。その頃は何年かに一度入院する程度だったのが、だんだん間隔が短くなり、2年に一度になり、毎年になり、最後のほうは何カ月かに一度、という感じでしたね」

肝機能検査では、GTPの値が最大で2500に達したこともあります。「一般的には400くらいで即入院のレベル」といいますから、ただならぬ数値です。最後に入院したときは、医者から「このままなら5年後の生存率は5割程度」と言われたそう。

その1、2年前には、母親も入院をしています。白血病にかかり、一時は生きるか死ぬかもわかりませんでしたが、幸い経過は良好でした。ようやく退院が決まってほっとしたのも束の間、今度は関東で暮らしていた昌史さんの兄が、突然事故で亡くなってしまいました。

それがきっかけで父親の酒が増えたように見えますが、実はそうではないと昌史さんは言います。

「お酒で人生が狂っていく過程は、父が若い頃からずっと続いていて、最後に本当にブレーキが利かなくなった時期が、たまたまそこに重なった。そんなふうに認識しています」

父親が「お酒で人生が狂っていく過程」は、子どもの立場の昌史さんにとって、どんなものだったのでしょうか。

電車の運転手だった父は憧れの存在

ものごころついたときから、父親は毎日必ずお酒を飲んでいました。よくある昭和のドラマのように、酔って暴れまわることはありませんでしたが、食事のときには必ず飲んでいる。その姿が、目に焼き付いています。

「いまでもよく姉と話すんですけれど、小さい頃は憧れの存在でもあったんです。幼稚園とか、小学校の低学年の頃は、電車の運転手ってみんな大好きでしたよね。自分もいつかなれたらな、と思っていました。

でも10代になってくると、どうやら周りに誇れる親ではない、と気づき始める。高校を卒業する頃には、どちらかというと残念な部類の、恥ずかしいという思い。『あの人はお酒さえなければ、もっとまともな人のはずなのに』というのを、すごく思っていましたね」

なぜお酒を飲む父親を、そんなに恥ずかしく感じたのか? そう尋ねると、「飲み方がとにかく汚い」のだと言います。

「1人で飲むのが好きではないタイプで、必ず友達と飲みたがるんです。若い頃はよかったんですけれど、50代になってからは、家に呼んだ友達と毎回けんかになる。感情が高ぶってくるので、お互いに声のトーンがどんどん上がって険悪な言い合いになるし、家族にも声を荒げる。

また、言うことが汚いんですよ。いまは世間でよくハラスメントが問題になりますけれど、そういう意味でいうと一発でアウトなことばかり(苦笑)。母には男尊女卑的な言葉をぶつけますし。あとは、何の根拠もないのに『おまえのそういうところが……』みたいなことを言ったりするから、言われたほうは『なんでそんなこと言われなあかん?』となります」

呼ばれたほうの友達も、懲りずに毎回よく来たなと思いますが、お酒を飲みたい気持ちが勝ったのでしょう。いまはその人も、アルコール依存だということです。

次ページすべてのお金がお酒に消えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT