「酒依存の父」を見放せない36歳息子の"叫び"

憧れだった父が"狂っていく"恐さとつらさ

アルコール問題を抱える父への思いとは……(写真:筆者撮影)

ある日、律儀なメールが届きました。

「父親がアルコール依存症だった、とご連絡しましたが、改めて確認しましたところ、精神科での正式な診断には至っていないようです。情報が正確でなかった点、申し訳ございません。もっと過酷な方は、たくさんいらっしゃったのではと感じています。もし(取材に)そぐわないと感じられましたら、キャンセルしていただいてもかまいません」

差出人は、この連載の取材先募集フォームから連絡をもらい、3週間後に関西のある町で取材をお願いしていた男性です。千葉県から来るライターが無駄足を踏まないよう、気を遣ってくれたのでしょう。

この連載の一覧はこちら

こちらは別に「より過酷な人」を取材したいわけではなく、それに医師の診断がなくても、本人が自分の意思で飲酒をやめられなかったのであれば同じこと。お話を聞かせてほしい旨を、改めて返信したのでした。

6月のある日曜の朝、新幹線で西へ向かいました。観光客や外国人旅行客でにぎわう改札を抜け、待ち合わせた珈琲店へ。ドアを開けると、奥のほうの席に座った人の良さそうな男性が振り向き、少しぎこちない笑顔で会釈してくれました。

「おとなたちには、わからない。」シリーズ、今回の話し手は、アルコール問題を抱える父親のもとに育った、武井昌史さん(仮名・36歳)です。

長い時間をかけて狂っていった人生

「父は現状、お酒をやめています。と言い切れたらカッコいいんですが、頭のなかではいつもお酒のことを考えている。周りに家族の目があるからやめざるをえない、という状況です。スリップ(断酒後の再飲酒)も、半年に1回くらいありました」

昌史さんの父親がお酒をやめたのは、いまから約4年前。70歳になる、やや手前のときでした。肝機能の悪化で5度目の入院をした際、アルコール問題に熱心な内科医の先生から「もうお酒を飲める身体ではない」と告げられたのです。

次ページ55歳で早期退職した父親
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。