明日は我身、アルコール依存症の意外な真実

自己診断テストで、依存症の可能性を知ろう

自分に限ってアルコール依存症ではないと、思っていませんか?(写真:Deja-vu / PIXTA)

TOKIOのメンバーである山口達也さんが強制わいせつ罪で書類送検された事件は起訴猶予処分となり、ジャニーズ事務所は契約を解除したことを発表した。この事件はこれで一件落着ということになるのかもしれないが、山口さんにとっては、これからどのようにお酒との付き合い方を見直すかという大きな問題が残っている。山口さんを孤立させないためにも、今後の周囲の人たちの支援が必要となるだろう。

それにしても、もう少し早い時点で何とかできなかっただろうかと悔やまれる。本稿では、アルコールで問題を抱える人、あるいは、身近にそのような人をもつ人のために、アルコール依存症やアルコール使用障害について解説したい。

アルコール依存症とは

報道によれば、山口さんは自分がアルコール依存症であることを認めていないという。筆者は精神科医ではないし、本人を直接診察したわけでもないので山口さんを診断することは到底できないが、アルコールに関連する問題を抱える患者を診療する内科医として、アルコールによる肝障害で入院した患者が、その退院直後に泥酔して今回のような事件を起こしてしまえば、アルコール依存症を強く疑って精神科医に紹介し相談することになるだろう。

実際に、アルコール依存から脱することができた人の話を聞いてみても、「自分自身はアルコール依存症ではないとずっと思っていた」と話す人がほとんどであり、本人は自分のことをアルコール依存とは考えていない、あるいは考えたくないことが多いのだ。

次ページアルコール依存症で人生を滅ぼさないために
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT