「二刀流」「ナイター」意外と知らない野球英語

「デッドボール」など和製英語も多発!

野球用語には和製英語が多い(写真:RBFried/iStock)

加速度的に暑くなる毎日、いよいよ全国高等学校野球選手権大会、「夏の甲子園」の季節がやってきます。2018年は記念すべき第100回で、キャッチフレーズは「本気の夏、100回目。」なのだそう。最近はサッカーや卓球、ラグビーなど、さまざまなスポーツが人気ですが、やっぱり野球は根強く熱いファンが多いですよね。

この連載の一覧はこちら

今回はよく耳にする野球用語を英語で紹介していきます。野球にかぎったことではないのですが、スポーツ用語には意外に和製英語が多く使われているんです。そのまま英語だと思って使っても、ネーティブには通じないものもあります。まずは基本的な用語を英語ではなんと言うのか一緒に見てみましょう。

野球用語に意外と多い和製英語

先日行ったセミナーで、英語学習を継続するひとつのコツとして、自分の好きなことと英語を結び付けるようにアドバイスをしました。教材学習だけではなく、英語を使って自分の趣味や関心事に触れる機会も持つようにすると、自然に自分の生活に英語を取り入れることができ、学習にもよい効果をもたらしてくれます。

北関東在住のタロウさんが、セミナーの休憩時間に、「ボクは野球が好きなので、英語で野球の試合を観戦したりするのでも大丈夫ですか?」と筆者のところに聞きにきました。メジャーリーグの試合を見るのは楽しいですし、アメリカ人となら共通の話題が増えていいかもしれません。何よりタロウさんが英語学習をずっと続けていく支えになるのはすばらしいことですよね。

次ページ英語と日本語では違う野球用語
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。