海外でのハプニングを乗り切る「使える英語」

穏やかに「その席、違いますよ」と言えますか

海外旅行で困ったときに使える英語表現をご紹介します(写真:SerrNovik / iStock)

ヒノキの花粉症がひどくなってくると、ゴールデンウイークが近づいた証拠。4月に入ってから、筆者はティッシュを大量に消費しつつ、例年のごとく、特に予定もなくダラダラと過ごす長期休暇を心待ちにしていました。研修でも Do you have any plans for Golden Week? (ゴールデンウイークの予定はありますか?)と定番の質問を聞き始めたのですが、やっぱり旅行をする方が多いんですね。うらやましい! ライブやバーベキューの予定がある方もいましたが、筆者のように怠惰に過ごす人は少数派なのでしょうね。

この連載の一覧はこちら

研修生のひとり、タロウさんは、ガールフレンドと一緒にラスベガスに行くのだとか。研修後、「旅行に備えていくつかフレーズを教えてほしい」と言われました。今回は、そのときにタロウさんに教えた表現を皆さんにも紹介します。旅行で困ったときに使えるものばかりですので、覚えておくと便利ですよ。

知らない外国人が自分の席に!

とある製薬会社に勤めるタロウさん。年に1回は海外旅行に行く旅好きですが、英語に関しては、最低限必要な基本フレーズをなんとかマスターしたレベル。ちょっとしたハプニングがあると、対処できずに焦ってしまうんだそうです。新年度になって、社内の英語研修メンバーに加わり、ここ幸いとばかりに2度目のレッスンで筆者のところにやってきました。

次ページ自分の席に外国人が間違って座っていた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。