雨の日が楽しくなる、ツウっぽい「英語表現」

「晴れ男」「雨女」を英語で説明できますか?

今回は、雨に関する英語表現をご紹介します(写真:Hakase_/iStock)

例年5月末から6月上旬あたりになると、徐々に雨の日が増えてきて、知らぬ間に梅雨が始まります。梅雨が苦手な筆者は、「梅雨入りしたみたい」と人から聞いて、「ああ、やっぱりねぇ」なんていつもブルーになるのです。

この連載の一覧はこちら

「日本が大好き」という筆者の外国人同僚たちも、「日本の生活で、唯一の不満は梅雨」とか「梅雨の間だけは国に帰りたい」と梅雨に対してはかなりネガティブな反応。湿度と気温の高さがもたらす不快感が耐えられないとのこと。万国共通、あのジメジメは嫌なものなのですね。

この時期になると、「今日も雨だね」なんて雨の話をすることが多くなりますので、今回は雨に関する英語表現をいくつか覚えてみませんか。

霧雨から土砂降りまで

rain(雨が降る)という動詞を使った基本表現としては、

It’s raining here in Tokyo. (こちら、東京では雨が降っていますよ
Oh, it’s starting to rain! (あ、雨が降り出した!)

などが挙げられます。文脈によって時制を変えますが、日常会話でよく使う形は進行形が多いかもしれないですね。

雨の強弱を表すには、副詞を添えれば完璧です。

It’s raining a little.ちょっと雨が降っています)
It’s raining lightly. 軽く雨が降っています)
It’s raining a lot.すごく雨が降っています)
It’s raining hard. 強く雨が降っています)
It’s raining heavily.激しく雨が降っています)

でも、せっかくですので新しい動詞を覚えて、雨の表現のバリエーションを増やしてみるのはどうですか? 一気にネーティブっぽい感じになります。

次ページ「霧雨」を英語で言うと?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT