雨の日が楽しくなる、ツウっぽい「英語表現」

「晴れ男」「雨女」を英語で説明できますか?

今回は、雨に関する英語表現をご紹介します(写真:Hakase_/iStock)

例年5月末から6月上旬あたりになると、徐々に雨の日が増えてきて、知らぬ間に梅雨が始まります。梅雨が苦手な筆者は、「梅雨入りしたみたい」と人から聞いて、「ああ、やっぱりねぇ」なんていつもブルーになるのです。

この連載の一覧はこちら

「日本が大好き」という筆者の外国人同僚たちも、「日本の生活で、唯一の不満は梅雨」とか「梅雨の間だけは国に帰りたい」と梅雨に対してはかなりネガティブな反応。湿度と気温の高さがもたらす不快感が耐えられないとのこと。万国共通、あのジメジメは嫌なものなのですね。

この時期になると、「今日も雨だね」なんて雨の話をすることが多くなりますので、今回は雨に関する英語表現をいくつか覚えてみませんか。

霧雨から土砂降りまで

rain(雨が降る)という動詞を使った基本表現としては、

It’s raining here in Tokyo. (こちら、東京では雨が降っていますよ
Oh, it’s starting to rain! (あ、雨が降り出した!)

などが挙げられます。文脈によって時制を変えますが、日常会話でよく使う形は進行形が多いかもしれないですね。

雨の強弱を表すには、副詞を添えれば完璧です。

It’s raining a little.ちょっと雨が降っています)
It’s raining lightly. 軽く雨が降っています)
It’s raining a lot.すごく雨が降っています)
It’s raining hard. 強く雨が降っています)
It’s raining heavily.激しく雨が降っています)

でも、せっかくですので新しい動詞を覚えて、雨の表現のバリエーションを増やしてみるのはどうですか? 一気にネーティブっぽい感じになります。

次ページ「霧雨」を英語で言うと?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT