ゾゾ、「オーダー紳士服」販売に至った舞台裏

お試し価格2万円台、紳士服大手の株価は下落

スタートトゥデイが販売するPBのデニム。ゾゾスーツでの計測データに基づき、一人一人にぴったりのサイズを届ける(編集部撮影)

――これまでのPBは(既存の複数の型紙の中から一番体型に近いものを選ぶ)パターンオーダーでの生産ですが、今回のスーツとドレスシャツは(顧客の体型に合わせてパターンから作る)完全オーダーです。

パターンオーダーでは対応しきれないくらい、膨大な数のパターンを用意しないといけなくて、事実上無理でした。(6月に発売した)オックスフォードシャツはパターンオーダーで数万以上のパターンを用意してやっていますが、もう限界です。

――新たなゾゾスーツの開発においては3億円でアイデアを買いましたが、こうしたオーダー生産の技術も外部から買ったアイデアがありますか。

一部あります。あるんですけど、(内容の)公表はできません。アイデアはあっても実際は作っていないとか、作ってみたけど実用化には程遠いとか、そういう方々が実はたくさんいる。一部の方と話を進め、アイデアを買ったり協業したりしています。

「見切り発車でなんぼだ」

――初代ゾゾスーツが量産化できず失敗したことは、やや見切り発車の印象を受けました。

そういう意味ではわれわれはつねに見切り発車です。新しくて誰もやっていないことにチャレンジを続けている会社なので、「見切り発車でなんぼだ」というところも正直あります。

ただご心配やご迷惑をおかけするので、気づいたら僕はいつも半分くらい謝っている気がします。その半面、喜んだり驚いたりもしてもらえているのかなと思うので、見切り発車が続く可能性はあります。ですが、果敢に攻めていきたいですね。

――ゾゾスーツでの計測の誤差を指摘する声も出ています。

エラーの数もリリース当初よりは減った。精度誤差も少なくなっているとは思う。一部で光の当たり方や、背景に映り込んだものの影響などでご迷惑をおかけしているケースが散見される。ソフトウエアの改良で日々よくなっているので、このまま頑張っていきます。

次ページ世界展開における課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT