41歳で「1兆円帝国」を築いた前澤友作の真価

好調ゾゾタウンが繰り出す次の一手

スタートトゥデイの前澤友作社長。2017年度中に予定しているプライベートブランド展開の準備に力を入れている(写真:スタートトゥディ提供)

PBという新たな展開へ

「プライベートブランド(PB)に関するある製品をまもなくこの工場で生産開始します」――。9月16日、ファッションECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(41)は、自身のツイッターでこうつぶやき、”新工場”の写真を公開した。

9月16日に前澤社長のツイッターで”公開”された新工場の写真。ここでいったいどんなプライベートブランドを作るのか

ツイートとともにアップされた写真は4枚。そのうちの1枚は広大な施設内を撮影したもの。外国人らしき作業員が見受けられるが、この施設が国内にあるのか海外にあるのかは判然としない。スタートトゥデイに詳細を問い合わせたが、「回答は控えさせていただきます」と言うのみだった。

『週刊東洋経済』9月19日発売号(9月23日号)の特集は、「メルカリ&ZOZOTOWN 流通新大陸の覇者」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

『週刊東洋経済』は9月19日発売号(9月23日号)で、「メルカリ&ZOZOTOWN 流通新大陸の覇者」を特集。流通業界の新常識をつくる2社の取り組みを追っている。

そのうちの1社であるスタートトゥデイでは2017年度中にPBの展開を予定しており、前澤氏はこの準備に今、最も力を注いでいる。詳細はほとんど明かされておらず、ヒントがあるとすれば、今年2月に前澤氏がツイッターに投稿した「ICT、IoTをフル活用します」「老若男女、広くお楽しみいただけます」という2つだけだ。

ゾゾタウンの開始は2004年。「服はネットで売れない」という常識を覆し、今では年間の商品取扱高が2000億円を超す。今年8月には、上場から10年足らずで時価総額が1兆円を突破した。

次ページ前澤社長とはどんな経営者なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。