ZOZO、「スーツ」と「PB」で挑む世界一の野望

スタートトゥデイ前澤友作社長が激白

スタートトゥデイの東京・青山オフィスで取材に応じる前澤友作社長(撮影:風間仁一郎)
予約受付から早2カ月――。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは、昨年11月22日に発表した瞬時に採寸できるボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の発送を始める。ゾゾスーツを活用し、オーダーメイドで製造するPB(プライべートブランド、自主企画商品)の「ZOZO(ゾゾ)」も発売される。
同時にスタートトゥデイは1月31日、2017年度の第3四半期(2017年4月~12月)決算を発表した。ゾゾタウンに出店するブランドは6000を超え、商品取扱高1969億円(前年同期比33%増)、営業利益235億円(同22.1%増)に達した。ゾゾスーツやPBは、ゾゾタウン事業に次ぐ第2の柱になるか。PB発売を前に自らゾゾスーツを着用してインタビューの場に現れた前澤友作社長を直撃した。

あらゆる体型の人にフィットする服を提供

――それ、今着ているのってゾゾスーツですよね……。

今日は何社か取材を受けているが、自分たちのPBのTシャツをずっと着ていて、そろそろ飽きてきた。こんな格好でインタビューに出た人はあまりいないと思う。ファッションメディアでは「前澤さんだとそういうことをやるだろうな」と予想されてしまうが、逆にビジネス誌の取材だったら面白いのではないかと。取材を受ける寸前に決めた。

――当初の予定より、ゾゾスーツの発送とPBの発売が遅れた理由は?

ゾゾスーツに対する世間の期待が私たちの想像を超えてかなり高く、スーツの精度をもっと上げるべきだと判断した。(ゾゾスーツの予約受付を始めた)昨年11月の段階では、特殊な体型の人が着た場合に採寸の精度に誤差が見られていたので、その改修・バージョンアップをする中でお時間をいただいてしまった。より高い精度が担保できたので、配送を開始する運びになった。

――PB発売までの経緯を教えてください。

「PBをやるぞ」と言い出したのが約7年前。自社のブランドをやるなら、規模の大きな、世界の人たちをターゲットにするようなブランドにしたかった。誰にでも着てもらえるベーシックな衣料がコンセプトだ。今回はデニムとTシャツでのスタートだが、すでカジュアルシャツや、ビジネスシーンで着用できるものも裏では作っている。ゾゾタウンに出店するブランドとかぶらず、多くの人に届けるブランドにしようという考えがあった。

ベーシックで安価な商品は、ほかのブランドと同じものを作っても意味がない。あらゆる体型の人にフィットする、サイズバリエーションの豊富な衣料にしようという考えが出てきた。あらゆる人々の体型を把握しないといけないが、一軒一軒自宅に訪問したり、どこかの会場に集まってもらったりして、採寸するわけにはいかない。

ネットを通じてお客様の体型データを集める方法はないか。いろいろな人の体型を測る採寸技術を世界中で調査しているうちに何年もかかった。そんな中、ニュージーランドのストレッチセンス社の伸縮センサーの技術を見つけた。これをボディスーツに当てれば、自分たちがやろうとしていることができるかもしれないと、一気に話が進んだ。その後、出資をして共同研究の後、ゾゾスーツが出来上がった。

ゾゾスーツは上半身と下半身に分かれており、上半身には胸部にストレッチセンス社製のセンサーが埋め込まれている(撮影:風間仁一郎)
次ページPBへはいくら投資するのか
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。