ZOZO、「スーツ」と「PB」で挑む世界一の野望

スタートトゥデイ前澤友作社長が激白

――PBへの具体的な投資額は?

ゾゾスーツはPBのためだけでなく、ゾゾタウンでの商品検索を便利にするところでも使えるため、これに対する投資をゾゾタウンの投資とするかPBの投資とするかでも違ってくる。今、会計上は両方で考える処理をしている。なので、PB単体でいくらの投資という数字はすぐに出せない。世界中のトップブランドに匹敵する規模、それを超えるような規模感で将来像は描いている。

――目指す売上高は1兆円や10兆円規模ということになりますか。

もちろんです。

――ゾゾタウン開始当初からPBをやりたいという考えはありましたか。

いつかものづくりをしたいと思っていた。ずっとゾゾタウンをやっていても、出店しているブランドが作ったものを売らせてもらう立場で、お願いをして売らせていただいていることが続いていた。

お客様が求めているものとブランドが提供するもののミスマッチを散々見てきたし、何より自分自身が身長も低く、自分に合う服を見つけるのが困難だった。ずっと、サイズが幅広くあるベーシック衣料に可能性を感じていた。その思いが融合して今回の実現に至った。

――ブランドとお客のミスマッチとは具体的に何ですか。

サイズがS、M、Lの展開をしているブランドが多く、背の低い人や、逆に高い人も買いづらい。僕らがどういう企業努力をしてもどうしようもない、自分たちが作るしかない、という状況でずっとジレンマがあった。

ファッションビジネスをやっていると、数センチ単位でのシルエットの大事さが分かる。ただ、それに見合うスペックや、いろんな体型に対応できるブランドがない。であれば、自分たちでやろうと考えた。ターゲットは老若男女、世界中のすべての人。おそらくデニムパンツは誰でも持っている。その人が履くデニムの中で、「こんなぴったりのもの人生で初めて履いたよ」と言ってもらえるようなデニムパンツを目指している。

アパレル企業のトップを超えたい

――目指す事業規模は数年以内に今のゾゾタウン事業を越える規模ということですか。

アパレル企業で世界のトップは約3兆円の売上高があり、そういう企業も越えていくつもりでやっている。数年内にPB事業が今のゾゾタウン事業の規模を超えていかないと、これも夢のまた夢で終わってしまう。

――リアル店舗でPBを売る可能性はありますか。

ネットだけで売る。ゾゾスーツがあることで、洋服がネットで買いやすくなる時代になる。その習慣をさらに広げていけるし、われわれはその責任を負うと思っている。

将来的にはスマホの普及率くらい、ファッションでのEC(=ネット通販)を普及させていきたい。ECで買うほうが魅力的になれば、そちらで買う。公衆電話よりもスマホのほうが便利だから使うわけで、魅力的なほうに人は流れていく。

――採寸データをPB以外でどう活用する予定ですか。

宝の持ち腐れにならないように、貴重なデータを皆さんのために有意義に使っていきたい。「スタートトゥデイ研究所」を作り、このボディデータを社会の発展のために使ってくれるような企業や研究者がいれば、ともに研究したい。研究所のテーマは、ファッションを数値化すること。ファッションは「かっこいい」「かわいい」と直感的に言うことが多いが、どういう人がどういう服をどう着こなせばかっこいいのか、数字で答えを出してみたい。単純なデータの外販は考えていない。

次ページオーダーの大量生産をどう実現するか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT