ゾゾ前澤社長が「採寸スーツ」刷新に込めた夢

3年後に売り上げ4倍へ、カギを握る「PB戦略」

4月27日に発表された新ゾゾスーツ。100万件以上の予約が入っており、すでに注文した人には7月中旬までに配送を完了する予定だ。(写真:スタートトゥデイ)

「会社が20周年を迎える大事なタイミングに、プライベートな情報が出てしまいまして、お騒がせしてしまったことをお詫び申し上げます。謝るのもちょっと変ですけど、公私共々充実しているということで見過ごしていただければ」――。

4月27日に都内で開かれた、ファッションEC(ネット通販)サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの決算説明会。黒地に白の水玉模様のボディスーツに身を包み出席した前澤友作社長のあいさつは、女性芸能人との交際報道に対する謝罪から始まった。

「最初のゾゾスーツは失敗だった」

前澤社長が着ていたスーツは、スタートトゥデイが昨年11月に予約受付を始めた採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の刷新版。同社は配送が大幅に遅れていたゾゾスーツを改良したと同日発表した。すでに100万件超の予約が入っており、これまで予約していた人には7月中旬までに配送する計画という。

昨年11月に発表した旧ゾゾスーツ。発表当初は大きな話題を呼んだが、大量生産を実現できなかった(写真:スタートトゥデイ)

当初発表していたゾゾスーツは伸縮センサーが内蔵されたものだった。着用した状態でスマートフォンと通信接続すると、体のあらゆる箇所が瞬時に採寸され、近未来的な仕様と斬新なアイデアで世間の大きな関心を集めた。

ただ、細かい技術が必要となる電子部品を扱う難しさもあり、迅速な出荷や精度の向上に向けて研究を進める過程で、生産を断念する結果に。仕様変更に伴い、2018年3月期決算で14億円の減損損失と2億6300万円のたな卸資産評価損を計上した。「『失敗』と言っていい。われわれも、(共同開発した)ニュージーランドのストレッチセンス社も、電子部品を作る、大量生産するという意味ではド素人だった」(前澤社長)。

次ページ新ゾゾスーツの中身とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT