インターンに「右往左往」する前にすべきこと

内定への近道は、結局「学生の本分」だ

夏はさまざまな就活イベントがありますが、目の前の「大切なこと」も忘れないようにしてください(画像:Fast&Slow / PIXTA)
6月1日のサマーインターンサイトのオープンを皮切りに、大学3年生、修士1年生の就職活動がスタートした。
この時期、どこのインターンシップに応募するのかを迷い、選考に落ちては右往左往する学生が多いという。しかし、1000社を超える企業への採用活動支援、一部上場企業の採用責任者、1000人を超える学生への就活支援の実績を基に『新卒採用基準――面接官はここを見ている』を上梓した廣瀬泰幸氏は、本当に大切なことはもっと他にあるという。どういうことか、解説してもらった。

インターンを心配する前に、すべきことがある

7月に入り、2019卒の学生に対する就職相談の傍ら、2020卒の学生からの相談も多くなってきました。

聞けば、3年生はもっぱらインターンシップの話題でもちきりとのこと。「合同説明会に参加したら、こんなに多くの学生が来ていて驚いた」「インターンは、どこに行ったらいいのでしょうか?」「応募企業はどんな観点で考えるのでしょうか」など、すでに右往左往している学生が少なくないようです。

この時期は本来、大学での授業・ゼミ・研究室などでの勉学や、サークル・部活に専念すべき時期ですが、早くも多くの大学3年生は就活が頭から離れないようです。

そこで本コラムでは、サマーインターンシップ応募の前に考えるべきこと、やるべきことについてお伝えします。

次ページキャリアデザインの基本中の基本
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT