インターンに「右往左往」する前にすべきこと

内定への近道は、結局「学生の本分」だ

夏はさまざまな就活イベントがありますが、目の前の「大切なこと」も忘れないようにしてください(画像:Fast&Slow / PIXTA)
6月1日のサマーインターンサイトのオープンを皮切りに、大学3年生、修士1年生の就職活動がスタートした。
この時期、どこのインターンシップに応募するのかを迷い、選考に落ちては右往左往する学生が多いという。しかし、1000社を超える企業への採用活動支援、一部上場企業の採用責任者、1000人を超える学生への就活支援の実績を基に『新卒採用基準――面接官はここを見ている』を上梓した廣瀬泰幸氏は、本当に大切なことはもっと他にあるという。どういうことか、解説してもらった。

インターンを心配する前に、すべきことがある

7月に入り、2019卒の学生に対する就職相談の傍ら、2020卒の学生からの相談も多くなってきました。

聞けば、3年生はもっぱらインターンシップの話題でもちきりとのこと。「合同説明会に参加したら、こんなに多くの学生が来ていて驚いた」「インターンは、どこに行ったらいいのでしょうか?」「応募企業はどんな観点で考えるのでしょうか」など、すでに右往左往している学生が少なくないようです。

この時期は本来、大学での授業・ゼミ・研究室などでの勉学や、サークル・部活に専念すべき時期ですが、早くも多くの大学3年生は就活が頭から離れないようです。

そこで本コラムでは、サマーインターンシップ応募の前に考えるべきこと、やるべきことについてお伝えします。

次ページキャリアデザインの基本中の基本
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT