「超短期離職」の転職は売り手市場でも厳しい

入社1カ月半以内に辞める新卒が増えている

超短期の離職者が増えているが、転職市場は彼らを簡単に受け入れるほど、甘くはない (写真:Fast&Slow / PIXTA)

今年も就活生にとって、超売り手市場だと言われている。

就職情報大手のディスコによると、2019年卒の大学生・大学院生の6月1日時点の就職内定率(内々定を含む)は、65.7%という結果となった。昨年の同時期と比べても、2.3ポイント増加しており、約35%の学生がすでに就活を終了している。

「就職四季報」特設サイトはこちら

そんな新卒就活の好調の裏で、気になるデータがある。今春に入社した新入社員の“超短期離職”が増加しているのだ。

このデータは自社で行っている就活サポート「UZUZ」の登録者(期間は4月1日から5月16日までの1.5カ月)の短期離職者比率。つまり、4月に入社して1.5カ月以内に離職した人の割合を、直近3年間で比較したものだ。

・2016年卒:10.4%(登録者1453名中、超短期離職者151名)
・2017年卒:  9.8%(登録者2774人中、超短期離職者271名)
・2018年卒:16.1%(登録者2311人中、超短期離職者371人)

入社1カ月半で離職する人が前年比6割増

2018年卒の超短期離職者の比率は、16.1%となっており、昨年と比べると64.3ポイント増加で、2016年卒比でも54.8ポイント増となっている。あくまでも自社のデータだが、今年の新卒入社の超短期離職は、これまでにない水準になっている。

では、なぜ、新卒の超短期離職者は増えているのか?

次ページ「転職しやすい」と思う情報が蔓延
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT