「会議が仕事」の日本人的生活を変える方法

冒頭5分「資料を黙読」するだけでも効果的

無駄な会議を減らし、長い会議を効率化するには?(写真:Yagi-Studio/iStock)

「会議が長いし、多すぎる」

「会議さえなければ、もっと早く仕事を終えて帰ることができるのに……」

「でも、自分ではどうすることもできない」

会議に費やされる無駄な時間について、多くの人が感じることの最大公約数は、おそらくこんな感じではないでしょうか。会議は長時間労動の原因になっている。でも、どうにもならない、とあきらめているのです。

この連載の記事一覧はこちら

以前、ある企業の方に言われて驚いたことがあります。「そもそも目的を決めて、結論をしっかり出すための会議は少なくて、定例報告か、とりあえず集まって”この件どうする?”という打合せがほとんど」と言うのです。これはさすがに極端ではと思います。けれども、「会議を効率化するのは日本の企業風土ではむずかしい」と感じている人は多いのではないでしょうか。

いったい、どのようにして無駄な会議を減らし、長い会議を効率化していけばいいでしょうか。外資系コンサルタントとして働いてきた筆者の経験などから、具体的に考えていきます。

口頭で説明するというムダを省く

まず会議で多くの時間を費やしている、情報共有の時間をカットしましょう。方法は実は単純で、「口頭で説明する時間をなくすこと」。

そのための方法として、会議資料を事前配布して参加者が読み込んでくることにしましょう。読んでこない人がいる……ということもよくありますので、その場合には会議の冒頭で読み込みの時間を取るとよいでしょう。たとえば会議の始まりに5分間の時間をとり全員が資料を黙読するのです。

次ページなぜ口頭での説明時間をなくしたほうが良いのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT