「コロンビアの皆さんには本当に申し訳ない」

アジアのチームが初めて南米チームに勝った

試合終了後、下を向いて歩くハメス・ロドリゲス選手(写真:REUTERS/Ricardo Moraes)

[ロシア サランスク(ロイター)]− 日本代表チームは6月19日、10人となったコロンビア代表チームを苦しめ、2-1の劇的な勝利を手にした。ワールドカップの長い歴史の中でアジアのチームが南米チームを下したのは初めてだ。

これまでアジアのチームは、南米の対戦国と17試合を戦っているが、辛うじて3回引き分けているだけ。しかし、コロンビア代表ミッドフィルダーのカルロス・サンチェス選手が今回のロシアワールドカップ初のレッドカード退場となった後、4度アジアチャンピオンに輝いたことがある日本チームは人数で優位となり、勝利を手にした。

ワールドカップ史上2番目に早い退場

カルロス・サンチェス選手は試合開始3分で退場となった(写真:REUTERS/Jason Cairnduff)

意図的なハンドを取られてカルロス・サンチェス選手が試合開始3分で退場となったのは、ワールドカップ史上2番目に早かった。

ちなみに史上最も早い退場処分は1986年のウルグアイ対スコットランド戦で、ウルグアイ代表ホセ・バティスタ選手が試合開始55秒で退場となったときである。

香川真司選手がペナルティーキックを決め、グループHの試合で日本がリードすることになった。

次ページ一度は同点に追いついた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。