「コロンビアの皆さんには本当に申し訳ない」

アジアのチームが初めて南米チームに勝った

試合終了後、下を向いて歩くハメス・ロドリゲス選手(写真:REUTERS/Ricardo Moraes)

[ロシア サランスク(ロイター)]− 日本代表チームは6月19日、10人となったコロンビア代表チームを苦しめ、2-1の劇的な勝利を手にした。ワールドカップの長い歴史の中でアジアのチームが南米チームを下したのは初めてだ。

これまでアジアのチームは、南米の対戦国と17試合を戦っているが、辛うじて3回引き分けているだけ。しかし、コロンビア代表ミッドフィルダーのカルロス・サンチェス選手が今回のロシアワールドカップ初のレッドカード退場となった後、4度アジアチャンピオンに輝いたことがある日本チームは人数で優位となり、勝利を手にした。

ワールドカップ史上2番目に早い退場

カルロス・サンチェス選手は試合開始3分で退場となった(写真:REUTERS/Jason Cairnduff)

意図的なハンドを取られてカルロス・サンチェス選手が試合開始3分で退場となったのは、ワールドカップ史上2番目に早かった。

ちなみに史上最も早い退場処分は1986年のウルグアイ対スコットランド戦で、ウルグアイ代表ホセ・バティスタ選手が試合開始55秒で退場となったときである。

香川真司選手がペナルティーキックを決め、グループHの試合で日本がリードすることになった。

次ページ一度は同点に追いついた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT