日本がW杯初戦勝利、コロンビアを2-1で破る

香川と大迫が得点

6月19日、サッカーのW杯ロシア大会は各地で1次リーグの試合を行い、H組の日本はコロンビアを2─1で下した。アジア勢としてW杯における南米勢からの初勝利になった。写真右は決勝ゴールの大迫勇也(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[サランスク(ロシア) 19日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、各地で1次リーグの試合を行い、H組の日本はコロンビアを2─1で下した。これは、アジア勢としてW杯における南米勢からの初勝利となった。

日本は前半3分、シュートを止めるためにハンドの反則を犯したコロンビアのカルロス・サンチェスが退場処分となり数的優位を得ると、同6分にこのプレーで得たPKを香川真司が決めて先制に成功した。

日本は同39分にフアン・キンテロにフリーキックを決められて同点とされたが、後半28分にコーナーキックから大迫勇也が決勝ゴールを奪って競り勝った。

日本の西野朗監督は、試合後の記者会見で「スタートから非常にアグレッシブに入れた」とした上で「ハーフタイムでの全員の修正力、対応力というものが、運動量を含めてコロンビアを上回れたのではないか」と勝因を述べた。

国際サッカー連盟(FIFA)からこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された大迫は「W杯で得点を取るのは子どものころからの夢でしたし、この舞台で得点できて素直に嬉しかった」と喜びを語った。

コロンビアのホセ・ペケルマン監督は「3分間のうちに重要な選手を退場によって失ってしまうことは、簡単なことではない」と述べた。

日本は24日にセネガル、28日の最終戦でポーランドと戦う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT