セルジオ越後「負けたら解任の危機感を持て」

ワールドカップまでの6カ月をいかに戦うか

 サッカーW杯(ワールドカップ)ロシア大会の抽選会で、日本がH組に入ったことを示すボード。初戦でコロンビアと対戦する=12月1日、モスクワ(共同)(写真:共同通信社)
2018年のサッカーW杯ロシア大会出場32チームの組み合わせ抽選では、2017年10月に発表されたFIFAランクに準じて第1~4ポットに分け、行われた。開幕までの約6カ月間をどのように見ているのか、セルジオ越後氏に聞いた。

――来年6月に開幕するサッカーのワールドカップ・ロシア大会の組み合わせ抽選会が12月1日に行われました。日本はポーランド(FIFAランク7位)、セネガル(FIFAランク23位)、コロンビア(FIFAランク13位)と同じグループHに入ったわけですが、この結果について、どんな印象をお持ちですか。

大前提として、ポット4の日本(FIFAランク55位)は、どのグループに入っても格上との対戦になるわけで、恵まれたグループなどない、ということを認識しなければいけないと思います。ドイツやブラジル、スペインといった優勝候補との対戦が避けられたからといって、勝ち抜ける保証はありません。

改めて対戦相手を見ると、ヨーロッパ、アフリカ、南米の3チームと一緒で、これはギリシャ、コートジボワール、コロンビアと一緒だった前回のブラジル大会と同じなんですね。

でも、相手のレベルは前回よりも高くなっています。ポーランドはギリシャよりも実力が上だし、前回のコートジボワールはドログバを筆頭にベテランばかりでしたが、今回のセネガルは攻撃陣に若く、生きのいいアタッカーが揃っている。コロンビアには前回1−4と惨敗しましたが、そのときは負傷欠場だったエースのファルカオが今回はいます。

「日本は弱い」ことを改めて認識すべき

――コロンビアのメディアは「最高の抽選結果だ」と報じているようです。

おそらくポーランド、セネガルも同じように思っているんじゃないですか。とくに日本戦での勝点3は堅いぞ、と。だから、日本が「恵まれた組み合わせ」だとか、「決勝トーナメント、行けるぞ」なんて勘違いしていると、1分2敗と惨敗したブラジル大会と同じ失敗を犯すことになりますよ。

「日本は決して強くない」「日本は弱い」ということを改めて認識することから、準備を始めなければなりません

――決して強くないということを改めて突きつけられたのが、11月のヨーロッパ遠征でした。11月10日のブラジル戦は1−3、14日のベルギー戦では0−1で敗れました。この2試合に関しては、どうご覧になりましたか?

ブラジルもベルギーもベストメンバーではなかったし、本気を出していないのは明らかでした。そんな相手に、日本は勝機を見出せなかった。日本戦に関してベルギー国内でどう報じられたのかは知りませんが、少なくともブラジルでは「日本に勝った」というニュースは、ほとんど報じられていません。

ブラジルにとっては文字通り「テストマッチ」だったわけです。それなのに日本国内では「ブラジル戦の後半は善戦した」とか、「ベルギー戦は惜敗だった」という報道が見られましたが、国民を騙すような報道はいい加減、止めなければいけません。

次ページ欧州遠征でなぜ、あの3人が呼ばれなかったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。