セルジオ越後、本田のスタメン外しを斬る!

日本代表のスタメンであるために必要なこと

11月15日のサウジアラビア戦で、日本代表でスタメン起用された大迫勇也選手が激しく競り合う(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
サッカーの2018年ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選は、11月15日に埼玉スタジアムで行われた試合で、日本代表が首位のサウジアラビア代表を2ー1で下した。
予選の全10試合中、これが5試合目。日本は3勝1敗1分けの勝ち点10でグループ2位に浮上して折り返した(2位以内が出場権獲得、3位はプレーオフに回る)。これまでの成果と後半戦に向けて浮かんだ課題について、セルジオ越後氏に聞いた。

 

――2018年ロシア・ワールドカップのアジア最終予選が9月に開幕し、全10試合のうち半分が終わりました。9月1日の初戦にホームでUAEに敗れたときはどうなるかと思いましたが、年内最後となった11月15日の試合で、グループ首位のサウジアラビアをホームで破り、ワールドカップ出場圏内に浮上しました。

日本代表はすでにホームでUAEに敗れていますから、ホームでこれ以上敗れることがあれば、ワールドカップの出場権獲得は難しい。サウジアラビア戦はそんな追い込まれた状況で迎えた試合で、選手たちは開始直後からサウジアラビア陣内になだれ込むようにして攻めていきました。先制点はPKによるものでしたが、闘志や必死さは間違いなく伝わってきました。

リードして迎えた後半は、自陣で守って相手を誘い込むような戦い方を披露し、絶好調の原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)が2点目を決めた。このまま2−0で試合を終わらせることができず、1点を返されてしまったのは反省点ですが、久しぶりに見ていて気持ちのよいゲームでしたね。

スタメン大幅入れ替え、決断の背景には何が?

――この試合では、これまで日本代表の中心選手だったFW本田圭佑(ACミラン/イタリア)、FW岡崎慎司(レスター/イングランド)、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)、がベンチスタートに回りました。

そして、代わってスタメンで起用されたFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)、FW久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)、MF清武弘嗣(セビージャ/スペイン)が活躍しました。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこの大一番でよく決断しましたね。

この決断は、評価したいと思います。ただ、本田も香川も所属クラブで試合に出られていない。だから、パフォーマンスは以前からよくなくて、9月や10月にスタメンから外してもおかしくはありませんでした。

次ページ本田「スタメン外し」の背景には、何があったか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT