セルジオ越後、本田のスタメン外しを斬る!

日本代表のスタメンであるために必要なこと

いくら名門クラブに所属していても、そこでベンチを温めていてはダメ。ケルンやヘルタといった中堅クラブで毎週末、試合に出て激しく戦い、レベルアップする。それこそが何よりも成長、飛躍につながるということを、大迫と原口はあらためて証明してくれました。

試合に出るという点では、ドイツのハノーファーに移籍して、わずか半年でセレッソに復帰した山口の決断も、僕は評価します。あのままドイツに残って新シーズンを迎えても試合には出られないかもしれない。それならJリーグに復帰して試合に出て、成長したほうがいい。実際、山口はセレッソで試合に出てチームをJ1復帰へと導き、日本代表でも好パフォーマンスを発揮してポジションをがっちりつかんでいますから。

一方、清武に関しては、評価が難しいです。彼がすばらしい才能の持ち主だということはわかっているし、サウジアラビア戦で好パフォーマンスを見せたのも間違いないです。

ただ、今シーズンから加入したセビージャでは試合にあまり出られていないので、今後も安定したパフォーマンスを見せられるのかどうか不透明です。実際、(サウジアラビア戦の4日前に行われた)オマーンとの親善試合もサウジアラビア戦も途中交代しています。本人にとって不本意かもしれませんが、冬のマーケットで試合に出られるチームに移籍したほうがいいと思います。

「まずは所属チームの試合にしっかり出ることが大事だ」

――ヨーロッパで試合に出ていない選手たちに対して、ハリルホジッチ監督は「先発を取りなさい。もしくは先発を取れるチームに移籍しなさい」と言ったそうですが、日本代表の選考基準として「所属クラブで試合に出ること」という当たり前のことが再確認されましたね。

そうなんです。ACミランだとか、ドルトムントだとか、ビッグクラブの看板なんて関係ないんです。重要なのは、どこに所属しているかではなく、何ができるか、です。サウジアラビア戦の前、本田は「スタメンから外すなら、理由を説明する義務がある」と言いましたが、理由は単純明快で、試合に出ていないからです。

本田は「日本代表ではこれまで力で道を切り開いてきた」とも言いました。それは否定しませんが、「これまで」の話であって、今後もポジションが安泰なはずがありません。彼自身、2010年の南アフリカ・ワールドカップの前に、これまで力で道を切り開いてきた中村俊輔(横浜F・マリノス)に挑戦状をたたきつけて、ポジションを奪ったはずです。そのことを忘れてしまったのでしょうか。まずは所属チームで結果を残す。日本代表でプレーするのは、それからです。

――岡崎は今、レスターで出場機会を取り戻し、調子を上げてきています。本田も香川も所属クラブで活躍するか、出番の得られるクラブに移籍してパフォーマンスを取り戻せば、まだまだ日本代表でプレーするチャンスがあるということですね。

もちろんです。今回の活躍だけで大迫、原口、清武が不動のレギュラーになってしまったら、同じ過ちを繰り返すことになります。だから、本田と香川が早くトップパフォーマンスを取り戻して、再び日本代表を牽引するぐらいの存在感を発揮してほしいと思います。そのときこそ、代表チームに激しい競争が持ち込まれ、より高いレベルの集団になるのではないでしょうか。

アジア最終予選は2位で前半戦を終えましたが、来年にはアウェーのUAE戦(2017年3月23日)、アウェーのイラク戦(2017年6月13日/イランでの代替開催を予定)、アウェーのサウジアラビ戦(2017年9月5日)が残っていて、前半戦より厳しい戦いが待っています。

今回は、マレーシアのジョホールバルでイランを下して初めて突破した1998年のフランス・ワールドカップの最終予選以来の苦しい予選になると思われます。ですから、大迫、原口、清武、山口らロンドン五輪世代の一層の成長と、本田、香川、岡崎ら、これまで代表チームを牽引してきた選手たちの巻き返しに期待したいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT