セルジオ越後、本田のスタメン外しを斬る!

日本代表のスタメンであるために必要なこと

それなのに、なぜ、このタイミングで決断したのか。それは、ハリルホジッチ監督に「サウジアラビア戦で負けたらクビになるかもしれない」という危機感があったからでしょう。チームも追い込まれていたけれど、監督も追い込まれていたんです。

9月にUAE戦を落として以来、「解任論」が報じられるようになりましたが、メディアがこうしてしっかりとプレッシャーをかけたからこそ、監督のお尻に火がついて、重要な決断につながったのだと思います。

日本の場合、メンツがかからない場面では…

――かつてフィリップ・トルシエ監督が日本代表の指揮を執っていたときは、ワールドカップが地元開催だったために、予選がなかったという面があるにせよ、要所ごとにノルマが設けられ、トルシエ監督は絶えずプレッシャーを受けていました。そのノルマをクリアしていく中でチームも強くなっていきましたが、今はノルマが設けられることがありませんね。

これは日本でよく見られる傾向ですが、地元開催など、メンツのかかったことだと必死になって頑張る。でも、そうじゃないときは責任の所在があいまいになり、なあなあになるんです。

日本サッカー協会としては、なまじノルマを設けて、それをクリアできなくて解任なんてことになれば、任命責任が生じてくるので、自分たちの首を絞めることになりかねない。だから、ノルマを設けず、とりあえずワールドカップに出場できればいい、といったところでしょう。

そのためか、最近はよく「目標はワールドカップ出場」と言うじゃないですか。これでは、ワールドカップには出られても、上位に進出できないですよね。だからこそ、メディアがしっかりとチェックしなければいけないんです。

別に、いつもたたけと言っているわけではなりません。よいときは褒めて、ダメなときはしっかりと批判すればいい。そう言うと、日本ではよく「手のひら返し」と言われますけど、これは子育てと同じで、よいときは褒め、ダメなときはしかるのは大事なこと。それとも日本では、一度褒めたら、その子が今度は悪いことをしても怒らないのでしょうか。そんなことはないですよね? 

――よいときは褒め、ダメなときに批判するのは「手のひら返し」などではないと。

そうです。では、「手のひら返し」とは、どういうことを言うのかというと、たとえばJリーグの選手がヨーロッパのクラブに移籍すると、向こうでまだなんの結果も出していないのにスター選手として持ち上げて、その選手がJリーグに復帰すると見向きもしなくなることがありますよね。選手をスターに仕立て上げて金儲けをして、用済みになるとポイ捨てする――これは完全な「手のひら返し」だと思います。

――以前から問題を指摘している「スターシステム」であり、「海外組偏重の報道姿勢」の問題ですね。日本代表に話を戻しますと、大迫、原口、清武、山口蛍(セレッソ大阪)といったロンドン五輪世代がここにきて台頭してきました。

ようやくと言いますか、むしろ遅いくらいです。原口、大迫、山口がなぜ、活躍できたのか。それは、当たり前のことですが、所属クラブでも試合に出て活躍しているからです。

次ページ名門クラブに所属してもベンチを温めているのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT