セルジオ越後、「危機の日本代表」をなで斬り

本当に強いチームになるために必要なこと

日産スタジアム(5月30日)で行われる壮行試合のガーナ戦直前合宿でメンバーを前に話す西野監督(右端)(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
6月14日にいよいよロシアワールドカップが開幕する。日本代表は5月30日、西野朗(あきら)新監督の下で国内最後の壮行試合となるガーナ戦に挑む。翌日31日、本大会23人の代表メンバーを選出する予定だ。日本代表をどのように見ているのか、セルジオ越後氏に聞いた。

――ロシアワールドカップの開幕が迫ってきました。開幕の2カ月前に監督交代という危機的状況で日本代表は本大会に臨むわけですが、まず、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の解任について、どう感じていらっしゃいますか?

ハリルホジッチが解任されたこと自体に驚きはないです。ワールドカップの出場権を獲得したとはいえ、その後は結果を残せていなかったですよね。成績不振の監督が解任されるのは、サッカー界では普通のこと。問題なのは、そのタイミングです。

韓国代表に歴史的な惨敗をした昨年12月のE-1選手権のあと、あるいは、ブラジル代表、ベルギー代表に力の差を突きつけられた昨年11月の欧州遠征のあと、もしくはハイチ代表相手にふがいない内容で引き分けた昨年10月のテストマッチのあとと、解任するタイミングはいくらでもありました。

そもそも、もっと強い相手と、もっと早くテストマッチを行っていれば、もっと早く解任することができたのに、アジア勢とのテストマッチを繰り返していた。2016年6月はブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナと対戦しましたが、あれだって国内でフレンドリーマッチのようなカップ戦などやらずに、海外へ出ていけばよかったんです。そうすれば、もっと早くに「この監督ではダメだ。替えなくては」と気づけたはずです。

協会の決断は遅きに失した

――日本サッカー協会の田嶋幸三会長は解任の理由を、「選手とのコミュニケーションや信頼関係がやや薄れてきたということ。そして、今までのさまざまなことを総合的に評価して、この結論に達しました」と語りました。

その言葉を鵜呑みにするなら、そもそもコミュニケーションや信頼関係は突然薄れるものではないですよね。それに「さまざまなことを総合的に評価して」ということは、真相は分かりませんが、成績だとか、仕事の進め方だとか、協会との信頼関係だとか、さまざまな面で問題が起きていたと考えられます。それならなおさら、もっと早く決断すべきだった。

たとえば、ワールドカップの出場権を獲得したオーストラリア戦のあと、ハリルホジッチは「私がここ(日本代表)から出ていくことを望んでいる方々もいらっしゃるかもしれない」と語って、一方的に会見を打ち切った。そして、翌日改めて会見を行い、「私の昨日の発言は、私を批判していた人、私にプレッシャーをかけていた人に向けたものだった」と明かしました。あの一件は、協会側が振り回された、裏切られたわけです。

それ以外にも、われわれの知りえないところで、協会とハリルホジッチとの信頼関係は揺らいでいたんじゃないかと想像します。

それなのに、この時期まで引っ張ったのは、田嶋会長に決断力がなかったからではないでしょうか。「どうすべきか」と悩んでいるうちに、時間が過ぎて行ってしまった。僕はそう感じます。そう言えば、田嶋会長の、監督解任に関する会見の中で気になる言葉がありました。

次ページ セルジオ越後氏が気になった言葉とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。