セルジオ越後、「危機の日本代表」をなで斬り

本当に強いチームになるために必要なこと

――どういった言葉でしょうか?

「選手やさまざまな方の意見は聞きました」と話したんです。「もちろん、それで決めているわけでもありません」とも言っていましたが、いろんな人たちに相談しているから、決断が遅れたんでしょう。

そもそも、こうしたことは口にする必要がありませんでした。自分には決断力がないと言っているようなものだし、責任逃れと取られてもおかしくない。それに、意見を聞くなら、その時点の技術委員長である西野(朗)さんだけで十分だから、西野さんの立場まで悪くしてしまった。

もっと言えば、解任の理由として「選手とのコミュニケーションや信頼関係がやや薄れてきた」なんて言う必要がないんです。理由は成績不振、それだけでいい。コミュニケーションや信頼関係が薄れたという理由は、ハリルホジッチの人格を否定することになりかねない。それが理由では、今後の彼へのオファーに影響があるかもしれない。ハリルホジッチが怒るのも当然でしょう。

監督は西野さんが適任だったのか

――後任は技術委員長を務めていた西野さんになりました。この人事については、どんな感想をお持ちですか?

ちょっと理解できないですね。本来なら、技術委員長のポストにあった西野さんは、ワールドカップ直前の監督交代という緊急事態を招いた張本人として、田嶋会長とともに責任を取らなくてはならない立場です。残された時間が少ないから、内部昇格という考えは理解できますが、それなら2016年のリオ五輪で代表監督を務めた手倉森(誠)コーチを昇格させるのが筋でしょう。手倉森コーチのことをそこまで信頼していなかったのか、そもそも初めから、どこかのタイミングで西野さんを代表監督に任命するために、技術委員長として呼んでいたのか。

西野監督は1996年のアトランタ五輪でブラジル代表を破った実績があるけれど、それは22年前のこと。ガンバ大阪でアジアを制したのだって10年前の話。ガンバのあと、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスを率いたものの、さしたる成績を残せずに現場から離れ、技術委員長の座に収まっていた。そんな人をなぜ、監督に指名したのでしょうか。

――5月18日にまず、27人の候補選手が選ばれました。ガーナとのテストマッチを行ったのち、翌日31日に本大会に臨む23人を決めるわけですが、27人の顔ぶれについてはどんな印象を持ちましたか? 

青山敏弘(サンフレッチェ広島)の選出は予想外でしたが(※その後、負傷のために離脱)、それ以外はほとんど予想通りでした。残された時間は少ないので、新しいメンバーを呼んだところで試している時間はない。試すというのはピッチ上のパフォーマンスや連係だけではありません。グループの中でどのように振る舞うのか、性格はオープンなのか、チームにすぐ馴染めるタイプなのか……。新しい選手は、その辺りのことが分からない。

特にワールドカップの合宿は長丁場ですから、たとえ試合に出られなくてもチームに貢献できるかどうか、その見極めも大事です。そう考えると、ハリルホジッチ時代のラージメンバーの中から選出されたのは予想どおりです。彼らのことは西野監督も、技術委員長としてチェックしてきたわけですから。

次ページ選出外となった中島翔哉
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。