セルジオ越後、「危機の日本代表」をなで斬り

本当に強いチームになるために必要なこと

残念だったのは中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)の落選ですが、これは似たポジション、似た役割の宇佐美貴史、原口元気(いずれもデュッセルドルフ/ドイツ)、乾貴士(エイバル/スペイン)らとの力関係において、中島は下だと判断されたのでしょう。

西野監督は4月下旬から5月上旬に欧州視察を行ったけれど、中島のところには訪れていないんですね。すでに構想に入っていなかったんだと思います。おそらく中島は、ハリルホジッチの構想に入っていたでしょうから、監督交代によってワールドカップ出場を逃した選手のひとりでしょう。

――「ビッグ3」と呼ばれ、ハリルホジッチ前監督に冷遇されていた本田圭佑(パチューカ/メキシコ)、香川真司(ドルトムント/ドイツ)、岡崎慎司(レスター/イングランド)の3人もメンバーに選ばれました。

彼らは、選出してくれた西野監督の信頼に応えるべく、ものすごく高いモチベーションで合宿に臨んでいることと思いますが、香川と岡崎は直前までケガをしていたから、コンディションや試合勘に不安が残ります。メキシコで試合に出ていた本田も、3月のウクライナ戦でのパフォーマンスはパッとしなかった。

かつてないほど難しい状況でワールドカップを迎える以上、本大会における彼らの経験はチームにとって貴重なものですが、彼らはここ最近、代表チームで活躍しているわけではないから、以前のように絶大な存在感でチームを牽引できるかどうかは未知数です。ワールドカップの結果が振るわなければ、日本サッカーは非常に苦しい立場に追い込まれる。長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、長友佑都(ガラタサライ/トルコ)も含め、経験のあるベテラン選手たちには意地を見せてもらいたいですね。おそらく最後のワールドカップになるでしょうから。

日本が本当に強くなるために必要なこと

――決勝トーナメント進出の可能性は、どれくらいあるとお考えでしょうか?

非常に厳しいことは間違いないですが、ワールドカップのグループステージでは戦術や実力と同じくらいコンディショニングやチームとしての一体感が問われるところがあります。それがうまくハマり、初戦のコロンビア戦で勝点が奪えれば、勢いに乗れるかもしれません。本田のゴールでカメルーンを下し、チーム状態が一気に上向いた、2010年の南アフリカ大会のように。

セルジオ 越後(せるじお えちご)/1945年ブラジル・サンパウロ市生まれ。日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。1972年に来日し藤和不動産サッカー部(現・湘南ベルマーレ)に所属。エラシコというフェイントの創始者といわれる。写真は2017年11月(撮影:今井康一)

ただ、日本が本当に強くなって、毎大会ベスト16やベスト8に進出できるようになるまでには、さまざまな障壁があります。

選手の育成や指導者の養成を抜本的に見直す。学校の部活を廃止して地域のクラブでスポーツを楽しむようにする。補欠をなくして選手の分母を増やす。

そういった根本的なところから取り組まなければなりません。今回の解任劇によって、もうヨーロッパの良い監督は来てくれないんじゃないか、などというのは小さな問題。日本代表を本当の意味で強くするのは代表監督ではなく、日本サッカー界全体の問題だし、もっと言えば、日本のスポーツ界全体、日本のスポーツ文化の問題なんです。

世界と戦う環境が整っていないから、いつまで経っても世界で勝てない。その事実から目をそらしてはいけません。今のままでは勢いで勝つくらいしか方法がないのです。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。