20代女は「自分」、40代男は「会社」が中心だ

「クチコミ・ビッグデータ」で見る、社員の心理

40代男性は、20代と比べても、さらに「会社」に関するウエートが大きくなっている。同時に「企業」という言葉が目立つようになっており、組織全体のことを見る視点が強まっているようだ。もう1つ特徴的なのは、「環境」という言葉が入っている点。オフィス環境や働きやすい環境など「環境」にもいろいろあるが、「働く場」がどうなのか、ということを重視している表れかもしれない。

職種については、いくつかある職種のうち、WEB制作者やデザイナーといった「クリエイティブ系」「運輸・物流・設備系」「営業系」の3つについて、傾向を見た。クリエイティブ系は「会社」と「自分」の両方の言葉が際立つ一方、運輸・物流・設備系は「会社」が大きな存在で「社員」という言葉も目立つ。営業系は、「会社」ではなく「自分」が中心に据えられており、「ノルマ」や「商品」「休み」という言葉が出てくるのが特徴だ。

会社ごとに可視化し、仕事の改善に役立てる

「クリエイティブ系は『会社のなかで自分がクリエイティブな貢献ができるか』が仕事価値観としてあり、運輸・物流・設備系は『会社』が中心的な存在で、その中で『社員』の自分が役割を担う、という仕事観を持っていると思われる。そして営業系は会社よりも自分が行動することで商品を届けられるやりがいがある一方、『ノルマ』のプレッシャーや『休み』を取ることの難しさが出ているのかもしれない」(伊藤社長)

今回は属性や職種という大きなくくりで、クチコミサイトに書き込んだ社員の考え方の傾向を読み取ったが、当然、会社ごとの分析も可能だ。

「求職者向けには、各人が持つ『仕事価値観』にフィットする企業をクチコミのビッグデータに基づいて提案し、企業に対しては、働く人が考えていることを正直に伝え、改善や対話を促して働きがいのある職場づくりを支援していきたい」と伊藤社長。

クチコミも大量に集まればビッグデータになる。これまではランキングや指標といった定量データで可視化することが多かったが、書き込みなどの定性データを基にした可視化の取り組みが進めば、企業の本当の姿が見えるようになるだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。