5代目「フォレスター」進化する姿形の本質

スバルらしいデザインを実直に表現した

フロントマスクは旧型の時点で、ヘキサゴン(六角形)グリルに水平対向エンジンを表すC型アクセントのヘッドランプを組み合わせており、大きな違いはない。一方のリアは、やはりC型を織り込んだコンビランプがインプレッサやXV同様横長になり、たくましさを増すために高い位置に据えている。

新型フォレスターのエンジンフード(筆者撮影)

エンジンフードにも注目だ。中央を盛り上げる車両が多い中、新型フォレスターは左右の端を持ち上げて峰を作り、逆に中央は落とし込んだ。視界と見切りの良さを両立するための技だというが、背の低い水平対向エンジンをイメージさせる造形でもある。

ニューヨークショーでは「スポーツ」と呼ばれていた車種は、日本では「Xブレイク」という名前になる。旧型フォレスターの特別仕様にも使われていたネーミングだ。

車体下部にオレンジのアクセントラインを入れるという差別化は旧型のXブレイクにも通じるが、新型ではアウトドアファッションの分野でよく使われる赤みの強いレッドオレンジを起用したそうだ。

鮮烈な色使い

インテリアは乗員を包み込むような造形で安心感をもたらす考え方。インプレッサに似た造形だが、インパネからドアトリムにかけてのつながりを強調し、センターコンソールを広く高くしている。

新型フォレスターのインパネまわり(筆者撮影)

シフトレバーとその手前の「Xモード」切り替えダイヤルをひとつの枠で囲んだことも特徴で、Xブレイクではここにもレッドオレンジを起用し、インパネ左右のエアコンルーバーの枠と色だけでなく太さも合わせている。インパネやシートのステッチにもオレンジを配しており、スバルとしてはかなり鮮烈な色使いだ。

9色用意されたボディカラーは全般的に色みを強めており、レッドやグリーンについては鉱物にヒントを得たと大関氏は語った。これもまたダイナミック×ソリッドの具現化と言えるかもしれない。インテリアカラーはブラックとブラウンに加えXブレイク専用カラーも用意した。

旧型フォレスター(筆者撮影)

新型を見たあとで旧型の写真を眺めると、驚くほど実直に見える。これはインプレッサやXVの新旧を比べた際にも抱く印象だ。競争力のあるライバルが続々登場するSUVのカテゴリーにおいて、ダイナミック×ソリッドの導入は必然だったのではないかと思った。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT