「XC40」に見えるボルボの強固なデザイン哲学

軸はぶらさず「XC60」「XC90」とも違う個性

ボルボの新型車「XC40T5 AWD Rデザイン・ファーストエディション(筆者撮影)

「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた「XC60」に続くボルボの新型車「XC40」が、3月に日本でも発売された。車名で想像できるようにXC60の1クラス下に位置するSUVである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

すでにいくつかのメディアで、神奈川県箱根で行われた試乗会のレポートも紹介されているが、筆者はひと足先に、昨年12月にスペイン・バルセロナで開催された国際試乗会でXC40に乗っている。

今でも印象に残っているのはその後、スウェーデン第2の都市ヨーテボリにあるボルボのヘッドクォーターで、現在のボルボデザインについてプレゼンテーションを受けたときのことだ。

デザインスタジオに置かれた3足の靴(筆者撮影)

デザインスタジオの入り口手前に3足の靴が展示してあり、下には90、60、40の文字が添えてあった。ボルボでは3つのシリーズを靴にたとえており、90シリーズは革靴、60シリーズはスエードのシューズ、40シリーズはスニーカーをイメージしていることを示したものだった。

3つのクラスに独自のキャラクター

つまりボルボでは、ブランドとしての統一性を持たせつつ、3つのクラスに独自のキャラクターを与えているのだ。ライバルであるドイツのプレミアムブランドが、強固なまでのブランドイメージをバックボーンに、上から下まで似たようなキャラクターで統一しているのとは対照的だ。

同じSUVであっても、ここで紹介する全長4425mm、価格389万円からのXC40と、全長4950mm、価格779万円からのフラッグシップ「XC90」で、ふさわしいデザインは違うし、ユーザー層も異なるはずだから当然だろう。

次ページクルマが人に合わせる関係
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT