三菱「エクリプスクロス」の姿形は何が斬新か

出足好調な新型SUVのデザインを徹底分析

三菱自動車の新型SUV「エクリプスクロス」(筆者撮影)

三菱自動車の国内向け車種としては4年ぶりの新型車となる「エクリプスクロス」が好調だ。3月1日の発売日までの予約注文台数は約5000台と、月間販売目標台数の5倍を記録している。

多くのユーザーがデザインに惹かれたからこそ、これだけの予約注文を集めたのだろうと予想できる。3月下旬に開催された報道関係者向け試乗会で実車に対面した筆者も、この造形には好感を抱いた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ただしエクリプスクロスの形は、最近になって突然生まれたものではない。三菱自動車は2016年、ルノーと日産自動車のアライアンスの一員になったが、源流はさらに3年前からあった。

2013年の東京モーターショーで発表した「XR-PHEV」(XRはクロスオーバー・ランナーの意味)、2年後のジュネーブショーでお披露目された「XR-PHEVⅡ」の2台のコンセプトカーが、プロトタイプ的な位置づけになる。

しかもエクステリアについては、吉峰典彦氏というひとりのデザイナーが一貫してかかわり続けてきたことを、以前ご本人から聞いていた。なのでここでは、当時の話を思い出しながら実車の印象をつづっていきたい。

SUVとクーペの融合を実現するための技

外観でまず目につくのは、最近では珍しい明確なウエッジシェイプだ。これはコンセプトに掲げたSUVとクーペの融合を実現するための技だった。サイドのラインをリアに向けて明確にせり上げていけば、ルーフ後半を低めなくてもクーペっぽく見え、カッコよさと後席や荷室の広さを両立できるからだ。

後ろ姿(筆者撮影)

直線基調のフォルムにも理由がある。三菱自動車にはギャランGTOやスタリオンなど、直線的でシンプルだけれどスポーティなクルマが多く、吉峰氏もそんな三菱車にあこがれて入社したこともあり、伝統を継承しようという意識を持っていたようだ。

次ページドアハンドルは
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT