三菱「エクリプスクロス」の姿形は何が斬新か

出足好調な新型SUVのデザインを徹底分析

フロントドアからリアフェンダーにかけてのキャラクターラインも個性的だ。シンプルな中に鋭い切れ込みを入れることで、塊としての強さを出したかったという。さらにドアハンドルは、キャラクターラインに合わせて少し下を向いている。乗る前は操作性が気になったが、実際は違和感なく扱えた。

ドアハンドル(筆者撮影)

前後のフェンダーやルーフもそうだが、一見シンプルでいて、実は線や面が凝っている。これについては生産現場の人たちが「この形を作りたい」と協力してくれたことも実現を後押ししたそうだ。同じようなエピソードはマツダのデザイナーからもよく聞く。

優れたフォルムはデザイナーの頑張りだけでは生まれない。全社一丸となってカッコよさや美しさを目指していくことが重要だ。今の三菱自動車にはその気風が宿りつつある。

ダイナミックシールドを採用

フロントマスクは、市販車では2015年にマイナーチェンジしたアウトランダー(PHEVを含む)に初採用したダイナミックシールドという表現を導入している。ただしこの名称を初めて用いたのは、アウトランダーに先駆けて発表したXR-PHEVⅡなので、こちらが先輩格になるかもしれない。

ダイナミックシールドは、2014年に日産から三菱自動車に移り、デザイン本部長に就任した國本恒博氏の指揮の下で構築された。パジェロやランサーエボリューションの流れを生かしながら機能を描きこんでいくというプロセスの中でこの顔が生まれたという。

なお取材車のボディ下縁に引かれた赤いラインは、エクステンションパッケージというディーラーオプションによるものだ。イメージカラーの赤ならしっくりくるが、それ以外のボディカラーではミスマッチに感じることもあった。

ドアは一部のSUVに採用されている、ボディサイド下端までカバーするタイプで、衣服の裾を汚す心配がほとんどない。フロアはさほど高くないので乗り降りは楽だ。インテリアデザインはホリゾンタルアクシス、つまり水平基調で、パジェロやデリカなど多くの三菱が継承してきた造形をベースにする。

その中でエクリプスクロスでは、センターやパネルやドアトリムにシルバーの斜めのアクセントを入れ、動きを出している。斜めのラインがそろっているので統一感もある。

インパネ(筆者撮影)

興味深かったのはインパネ中央上に立つスマートフォン連携のディスプレイオーディオだ。多くの日本車が従来型のナビゲーションシステムを備える中、エクリプスクロスではナビを含めてスマートフォンのアプリを活用する、欧州車で見られるタイプに切り替えた。日本車としては英断といっていいだろう。

次ページ後席はどうか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT