三菱「エクリプスクロス」の姿形は何が斬新か

出足好調な新型SUVのデザインを徹底分析

後席(筆者撮影)

後席は200mmのスライドと9段階のリクライニングを持つ。前席よりも高めに座るので背もたれは起こしぎみのほうがしっくりくる。この状態でも身長170cmの筆者が座って頭上空間には余裕がある。ルーフラインにこだわったデザインのおかげだ。足元はスライドを最後方にセットすれば足が組める。ホイールベースをアウトランダーと同じ2670mmとしたことが効いている。

後方視界(筆者撮影)

走り出して何気なくルームミラーを見て、上下2分割のリアウインドーによる後方視界に問題がないことが確認できた。XR-PHEVから受け継いだH型リアコンビランプを受け継ぎつつ、間のフレームを細く仕立て、リアワイパーを吊り下げ式にしてリアスポイラー内に収めるなど、きめ細かい配慮のおかげだ。

三菱初のダウンサイジングターボである1.5L直列4気筒ターボエンジンによる加速は十分。それ以上に良い意味でターボらしさ、CVTらしさを感じさせない素直な加速感が光った。ただ人によっては排気音が気になるだろう。ロードノイズなどそれ以外の音をうまく抑えたために、強調されたのかもしれない。

セレクター脇のボタンで切り替えるランエボ譲りの4WDシステムS-AWCはオート、スノー、グラベルの3段階切り替え。舗装路でも状況に応じて後輪にも駆動力を配分するチューニングで、4WDの効果をよく知るブランドの製品らしいと感じた。

ボディの剛性感

それ以上に印象的だったのは全体を貫く硬質感だった。ボディの剛性感は日本車らしからぬレベルで、ステアリング操作に対する車体の動きもカチッとしていて、パジェロやアウトランダーとは異なる道を目指していることがわかる。セレクターレバーなどの操作系もカチッカチッという感触。しかし足回りは硬めながらしっとり動くので快適性も合格点がつけられる。

前席(筆者撮影)

筆者は旧車の取材をすることも多く、三菱車もギャランGTOやスタリオンなどいくつかの名車に接した。今でも記憶に残っているのは、多くの車両の走行距離が10万kmを超え、20万km超えという個体もあったのに、しっかりした走りを披露していたことだ。そんな三菱らしさをこの硬質感で思い出した。

9ブランドを擁するアライアンスの一員になった三菱自動車にとって、大切なのは万人向けのクルマ作りより、三菱ならではの個性をアピールすることだろう。今回のエクリプスクロスはまさに三菱らしい1台だった。こうしたクルマ作りを続けていくことが求められる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT