アウディ「A7スポーツバック」の斬新すぎる姿

かっこよさを生み出すデザインこそ進化だ

新型「A7スポーツバック」(写真はアウディのサイトより)

羽田空港を飛び立ち約24時間。降り立った南アフリカ共和国のケープタウンで、自動車の意外な最新技術に触れた。自動車の技術と聞くと、ボディ関連やエンジンなどの動力系、そして最近では自動運転などの運転支援系を思い浮かべるかもしれない。今回、紹介したい話題はそのどれでもない。デザインだ。

気付きを与えてくれた新型「A7スポーツバック」

気付きを与えてくれたクルマは、今年の夏頃にアウディが日本導入を予定している2代目の新型「A7スポーツバック」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

みずからを4ドアクーペとうたうA7スポーツバックは、セダンが持つ室内の快適性や高級感に、ハッチバックモデルが備える使いやすい荷室空間と、クーペが持つエレガントでスポーティなフォルムを併せ持つ。

今このカテゴリーはオーソドックスなセダンを飲み込み出し、SUV(スポーツ多目的車)に並んで成長を果たしている。だからこそメルセデス・ベンツ「CLS」やBMW「6シリーズ」、ポルシェ「パナメーラ」など多くのブランドが市場参入して競争を激化させている。

A7スポーツバックに乗って、印象的だったのは、日陰が多いケープタウンのビル群の合間を走り抜け、郊外の道に差し掛かり夏季のケープタウンの鋭い日差しが注ぎ込まれたときだ。大きくクルマの雰囲気が変わった。

それは華麗な女性のキリッとした表情が笑顔になったかのようで、クルマ相手にドキッとしてしまった。今まで発色の良いボディカラーをまとっているモデルで同様の経験はあるが、通常カラーでこの劇的な表情変化には出会ったことがない。

このカッコ良さを生み出すデザインにこそ技術進化を感じた。

次ページ“デザイン=技術“という発想は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。