アウディ「A7スポーツバック」の斬新すぎる姿

かっこよさを生み出すデザインこそ進化だ

新型「A7スポーツバック」(写真はアウディのサイトより)

羽田空港を飛び立ち約24時間。降り立った南アフリカ共和国のケープタウンで、自動車の意外な最新技術に触れた。自動車の技術と聞くと、ボディ関連やエンジンなどの動力系、そして最近では自動運転などの運転支援系を思い浮かべるかもしれない。今回、紹介したい話題はそのどれでもない。デザインだ。

気付きを与えてくれた新型「A7スポーツバック」

気付きを与えてくれたクルマは、今年の夏頃にアウディが日本導入を予定している2代目の新型「A7スポーツバック」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

みずからを4ドアクーペとうたうA7スポーツバックは、セダンが持つ室内の快適性や高級感に、ハッチバックモデルが備える使いやすい荷室空間と、クーペが持つエレガントでスポーティなフォルムを併せ持つ。

今このカテゴリーはオーソドックスなセダンを飲み込み出し、SUV(スポーツ多目的車)に並んで成長を果たしている。だからこそメルセデス・ベンツ「CLS」やBMW「6シリーズ」、ポルシェ「パナメーラ」など多くのブランドが市場参入して競争を激化させている。

A7スポーツバックに乗って、印象的だったのは、日陰が多いケープタウンのビル群の合間を走り抜け、郊外の道に差し掛かり夏季のケープタウンの鋭い日差しが注ぎ込まれたときだ。大きくクルマの雰囲気が変わった。

それは華麗な女性のキリッとした表情が笑顔になったかのようで、クルマ相手にドキッとしてしまった。今まで発色の良いボディカラーをまとっているモデルで同様の経験はあるが、通常カラーでこの劇的な表情変化には出会ったことがない。

このカッコ良さを生み出すデザインにこそ技術進化を感じた。

次ページ“デザイン=技術“という発想は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。