マセラティのSUVは砂漠でちゃんと走るのか 「レヴァンテ」をドバイで徹底的に試してみた

印刷
A
A
マセラティ「レヴァンテ」のラフロード能力を試す

12月5日、イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニがSUV「ウルス」を発表して話題となった。

近年、グローバルに最も成長を果たしている自動車市場はクロスオーバーSUV。使用環境から必要に迫られてラフロードも走れる走破力やタフさを備えるSUVを買うユーザーは昔からいたが、今はラフロードなど走らないという方々が積極的に購入するようになったのがその原動力だ。

求めるのは、SUVフォルムが漂わす力強さ。旅行先などでの突然のラフロード走行でも動じずに済む適応力。高い着座位置からの開放的な視界や運転のしやすさ。もちろん荷物をたくさん積める魅力などもある。いまやそれら魅力を割り切って提供するべく比較的安価な2駆モデルの設定が増えており、それがまた市場拡大の勢いを加速させた。

砂漠での試乗会を開催した理由

アラブ首長国連邦のドバイへ

今回、アラブ首長国連邦のドバイにまで飛び、試乗してきたマセラティ「レヴァンテ」もまた、そんな成長市場でのポジションを獲得するべく2016年に登場したクロスオーバーSUVだ。なぜ今になって、メディアをマセラティは招待したのか? ここにブランド戦略が色濃く見える。

レヴァンテの販売は絶好調で、モデルシェアはマセラティ全体の57%にまで成長している。クロスオーバーSUVはマセラティのようなプレミアム・スポーツ・ブランドにおいても有効であることを強く印象つけた。

しかし、そんな成功の陰でマセラティは1つ懸念材料であり、悩みの種を持っていた。それが地中海に吹く心地よい東風を意味する「Levante(レヴァンテ)」の名が付けられたこのモデルを、スタイル重視のナンパなモデルと認識する人が多いことだ。

「スポーティで華麗なデザインも魅力なので、それは仕方ないのでは?」と思うところだが、プレミアム・スポーツ・ブランドにふさわしい硬派な性能を求めて造り上げた当事者からすれば歯がゆいそうだ。

次ページあえて4輪駆動モデルだけで勝負
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT