911カレラと競い合う「AMG GT」新仕様の実力

メルセデスの最高峰スポーツは何がスゴいか

AMG GT「C」はなぜつくられたのか?(写真:Mercedes-Benz提供)

AMG――。メルセデス・ベンツが展開するさまざまな車種の中でも、特に高性能なモデルにつけられるブランドだ。たとえば、メルセデスで最もコンパクトな「Aクラス」に「AMG」を冠する「メルセデスAMG A45 4MATIC」は、最高出力381馬力という、このクラスで世界最強のとてつもないパワーの直列4気筒ターボエンジンを積む。

ダイムラー・ベンツの開発部門でレース用エンジンの開発に取り組んでいたハンス・ヴェルナー・アウフレヒト、エアハルト・メルヒャーという2人のエンジニアと、彼らが育った土地であるグロース・アスパッハ。これら3つの単語の頭文字を組み合わせたのが「AMG」の語源だ。「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」というコンセプトの下に、エンジンや駆動系、足回りなどの性能を徹底的に磨き上げる。

これがAMG GTの本命だ

ドイツで、AMG GT Cを試乗(写真:筆者提供)

そんなAMGの中でも最高峰ともいえるフラッグシップモデルとして2015年に世に送り出された2ドアスポーツカーが「AMG GT」だ。その新グレードとして「C」が追加されたと聞き、ドイツまで試乗に行ってきた。

日本を含め、成熟した先進国での自動車市場において、ラインナップやグレード展開の拡大は必須。それはAMG GTにおいてもである。ファンを増やして販売台数を伸ばすのは当然として、ファンの放出を防ぐためにも、細かなニーズに応えていかなければならない。

AMG GT「C」は10月25日に全国限定12台、車両価格2290万円で日本にひっそりと導入された。予想はつくだろう。わざわざ遅れて今、導入するモデルだ。悪いわけがないし、事実、触れてみて直感した。これがAMG GTの本命だ。

そもそもAMG GTとはどんなクルマか。メルセデスにおいて十分に開拓することのできていなかった、本格スポーツカー市場でのポジショニング確保とAMGブランドの牽引がその役目。そのためには、市場の中心に長年君臨している、誰もが認めるスポーツモデルのポルシェ「911カレラ」と戦う必要がある。

次ページメルセデスがこれに打ち勝つには?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT