911カレラと競い合う「AMG GT」新仕様の実力

メルセデスの最高峰スポーツは何がスゴいか

AMG GT「C」はなぜつくられたのか?(写真:Mercedes-Benz提供)

AMG――。メルセデス・ベンツが展開するさまざまな車種の中でも、特に高性能なモデルにつけられるブランドだ。たとえば、メルセデスで最もコンパクトな「Aクラス」に「AMG」を冠する「メルセデスAMG A45 4MATIC」は、最高出力381馬力という、このクラスで世界最強のとてつもないパワーの直列4気筒ターボエンジンを積む。

ダイムラー・ベンツの開発部門でレース用エンジンの開発に取り組んでいたハンス・ヴェルナー・アウフレヒト、エアハルト・メルヒャーという2人のエンジニアと、彼らが育った土地であるグロース・アスパッハ。これら3つの単語の頭文字を組み合わせたのが「AMG」の語源だ。「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」というコンセプトの下に、エンジンや駆動系、足回りなどの性能を徹底的に磨き上げる。

これがAMG GTの本命だ

ドイツで、AMG GT Cを試乗(写真:筆者提供)

そんなAMGの中でも最高峰ともいえるフラッグシップモデルとして2015年に世に送り出された2ドアスポーツカーが「AMG GT」だ。その新グレードとして「C」が追加されたと聞き、ドイツまで試乗に行ってきた。

日本を含め、成熟した先進国での自動車市場において、ラインナップやグレード展開の拡大は必須。それはAMG GTにおいてもである。ファンを増やして販売台数を伸ばすのは当然として、ファンの放出を防ぐためにも、細かなニーズに応えていかなければならない。

AMG GT「C」は10月25日に全国限定12台、車両価格2290万円で日本にひっそりと導入された。予想はつくだろう。わざわざ遅れて今、導入するモデルだ。悪いわけがないし、事実、触れてみて直感した。これがAMG GTの本命だ。

そもそもAMG GTとはどんなクルマか。メルセデスにおいて十分に開拓することのできていなかった、本格スポーツカー市場でのポジショニング確保とAMGブランドの牽引がその役目。そのためには、市場の中心に長年君臨している、誰もが認めるスポーツモデルのポルシェ「911カレラ」と戦う必要がある。

次ページメルセデスがこれに打ち勝つには?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。