911カレラと競い合う「AMG GT」新仕様の実力

メルセデスの最高峰スポーツは何がスゴいか

AMG GT「C」はなぜつくられたのか?(写真:Mercedes-Benz提供)

AMG――。メルセデス・ベンツが展開するさまざまな車種の中でも、特に高性能なモデルにつけられるブランドだ。たとえば、メルセデスで最もコンパクトな「Aクラス」に「AMG」を冠する「メルセデスAMG A45 4MATIC」は、最高出力381馬力という、このクラスで世界最強のとてつもないパワーの直列4気筒ターボエンジンを積む。

ダイムラー・ベンツの開発部門でレース用エンジンの開発に取り組んでいたハンス・ヴェルナー・アウフレヒト、エアハルト・メルヒャーという2人のエンジニアと、彼らが育った土地であるグロース・アスパッハ。これら3つの単語の頭文字を組み合わせたのが「AMG」の語源だ。「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」というコンセプトの下に、エンジンや駆動系、足回りなどの性能を徹底的に磨き上げる。

これがAMG GTの本命だ

ドイツで、AMG GT Cを試乗(写真:筆者提供)

そんなAMGの中でも最高峰ともいえるフラッグシップモデルとして2015年に世に送り出された2ドアスポーツカーが「AMG GT」だ。その新グレードとして「C」が追加されたと聞き、ドイツまで試乗に行ってきた。

日本を含め、成熟した先進国での自動車市場において、ラインナップやグレード展開の拡大は必須。それはAMG GTにおいてもである。ファンを増やして販売台数を伸ばすのは当然として、ファンの放出を防ぐためにも、細かなニーズに応えていかなければならない。

AMG GT「C」は10月25日に全国限定12台、車両価格2290万円で日本にひっそりと導入された。予想はつくだろう。わざわざ遅れて今、導入するモデルだ。悪いわけがないし、事実、触れてみて直感した。これがAMG GTの本命だ。

そもそもAMG GTとはどんなクルマか。メルセデスにおいて十分に開拓することのできていなかった、本格スポーツカー市場でのポジショニング確保とAMGブランドの牽引がその役目。そのためには、市場の中心に長年君臨している、誰もが認めるスポーツモデルのポルシェ「911カレラ」と戦う必要がある。

次ページメルセデスがこれに打ち勝つには?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT