ホンダ「NSX」は超高級車として通用するのか

10年ぶり復活したスーパーカーの実力と価値

ホンダ新型「NSX」が発表された(撮影:尾形文繁)

ホンダ「NSX」。2代目に当たる新型が日本でも発表され、来年2月末の発売に向けて受注が始まった。26年ぶりのフルモデルチェンジ(全面改良)。初代の生産終了から10年を経て復活した2人乗りスーパーカーだ。

新型「NSX」は2370万円

新型NSXについて、多くのメディアが真っ先に報じたのが2370万円という車両価格だ。無理もない。初代モデルが1990年に登場した際の約3倍にも当たる。日本で販売された日本メーカーの乗用車でこれを超えるのは、NSXとほぼ同じジャンルで2009年に発表された「レクサスLFA」の3750万円だけだ。しかもLFAは全世界500台限定だったのに対し、NSXは初年度の日本における販売目標が100台とはいえ、れっきとした量産車である。

ホンダでいえば昨年、2輪レースの最高峰、モトGP参戦中のマシンに一般公道走行のための最小限の変更と保安部品追加を行った「RC213V-S」を2190万円で販売している。しかしこちらはサーキット向けに開発されたマシンを公道で乗れるようにしたもので、公道向けの車両としてはNSXが最高峰となる。

次ページ価格にスポットが当たったもうひとつの理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。