ホンダ「NSX」は超高級車として通用するのか

10年ぶり復活したスーパーカーの実力と価値

現在の高級車はすべてがスーパーでなければいけない。高級セダンだってスポーツカー並みの走りを備えていることが求められる。だからこそパワーやスピードだけでなく、マテリアルやコーディネートでも贅を尽くしてもらいたいと思った。

プレゼンはストレートに心に響くものだった

高級車にとってもうひとつ大切な感覚性能としてプレゼン能力がある。前述したように、このクルマに2000万円以上の価値があるかどうかは、スペックだけでは推し量れない。だからこそ数字を超える価値を伝えること、つまりプレゼンテーション能力が重要になる。

この点で見れば、メディア向けの新車発表会はすばらしかった。プレゼンテーションを行った開発責任者テッド・クラウス氏のメッセージは、我々日本人にとってストレートに心に響くものだった。さすが米国人はプレゼン上手だと思った。

生産を担当する米国オハイオ工場では、約100名の熟練工員が集結したこと、車体を回転させてミグ溶接を行っていくことなどを、現場の人間が自分の言葉でアピールしていた。寡黙にエンジン組み立てを行う様子を映し出すGT-RのテレビCMとは対照的だ。国民性が現れていると思ったけれど、ブランドアピールにはこのぐらいのわかりやすさが必要だという印象も抱いた。

プレゼンテーションの最後では、日本のホンダへの感謝の言葉も聞かれた。「子供の頃からずっと面倒を見てもらいつつ、仕事を任せてくれたからこそ、大人になってNSXの開発を進めることができた」と述べていた。新型NSXの開発や生産が米国主導で進められたことに批判を寄せた人も、このメッセージを聞けば考えを改めてくれるかもしれない。

フェラーリやポルシェをはじめ、多くのスポーツカーは第2次世界大戦後、北米での販売で成功を果たすことができた。それだけ米国にはスポーツカー好きが多い。

クラウス氏もそのひとりで、初代NSXに感動してホンダに入社した。こうした状況を考えれば、新型の開発が北米主導で行われたのは当然の帰結だと思えてくる。

エンジニアリングについては2000万円級の価値はある。残るは高級車らしい仕立てだが、この点については今後に期待したい。個人的に、NSXの3文字は911ターボやGT-Rに匹敵するブランド性は備えていると思う。それを光り輝く存在にするためには、やはりスペックに現れない感覚性能の磨き上げが大切になってくるのではないかと考えている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT